« ボクカノ | トップページ | 我が家流 医食同源 »

うちの朝ごはん

うちは共働き。
とはいえ、わたしがフルタイム勤務ではないので
一般共稼ぎ家庭よりは落ち着いた暮らしができるはずですが、
なんせぐーたらなので、けっこうひどい生活だと自覚してます。

そんな我が家の食生活-朝編。
ここ1年くらいの定番はこんなかんじです。

だんなさん → 寝ぼけてても食べられるもの;パン、くだもの(バナナとか)、お茶漬など
わたし →その時あるもの;パン、コーンフレーク、シリアル、おもち など

結婚当初はがんばって、和食(一汁一菜)や洋食(パン・たまご・スープ)の朝ご飯をつくってました。
寝起きの悪いだんなさんは、ねぼけたまま食べて、出かけてました。
だんなさん、独身時代は朝ご飯はほとんど食べてなかったので、
作るわたしが大変なら、食べるだんなさんも大変。
いま思えば、ふたりとも、「妻のつくる朝食をきちんと食べて出かける夫」という風景に憧れがあったのでしょう。

それにしたってあれはすさまじかった。
朝ご飯とお弁当を並行してつくりながら、だんなさんを起こし、
ご飯をたべさせ、送り出し、じぶんの支度をし、ご飯を食べ。
自分が出かける頃には心身ともにぐったり。
だんなさんも朝から怒鳴られ文句言われっぱなし。
(ねぼけてるから日中の気分にあまり影響はないのが救いだったけれど、
それもまた腹が立った)
だんなさんを送り出したあと抜け殻状態で、仕事に遅れることもしばしばで、
先に起きなきゃいけないのも、じぶんだけセカセカしてるのも、すごく嫌だった。


そして、わたしが体調が悪くて起きれない時期や、
仕事を辞めて昼まで寝続ける日々を経て、いま。

だんなさんは、目覚ましが鳴っても起きないわたしを残してふとんを抜け出し、
ねぼけながらも食べれるものをとりあえず食べ、
さらにわたしを起こしてから出かけるようになりました。
わたしは、だんなさんの朝食になるものを前の晩までに用意するだけ。。。


こうして、日々ぐーたら妻がつくられていくのですね。


« ボクカノ | トップページ | 我が家流 医食同源 »

巣作り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21960/291274

この記事へのトラックバック一覧です: うちの朝ごはん:

« ボクカノ | トップページ | 我が家流 医食同源 »

カテゴリー

無料ブログはココログ

占い by いとうより