« みんなそれぞれの生きる道 | トップページ | ムダ毛追放キャンペーン »

白い巨塔/好きの反対

白い巨塔、第2部の最初と最後だけ観ていたので、昨日のSPでいろいろ解明して気分すっきり。
さすがにすべてにおいて充実してましたねー。
気合いれて作ったな、という感じがひしひしとしました。
なんといってもあの惜し気のないキャスト陣、連続ドラマとしては異例と言えるのでは。
安心してストーリーに没頭できる数少ないドラマでした。
たまに古くさかったり普段使わないような言い回しだったりしたのが気になったけれど、それは医療ドラマで小説が原作、しかもリメイクなドラマのご愛嬌でしょうか。

印象に残ったのは、メインの権威好き男・財前と、正義感男・里見の関係。
理想の医療を行うために実行力を得ようとしながら、権力を手に入れてしまったらそれに執着し、先を急いでしまった財前。
理想の医療を行うために自分のペースを守り、信念を貫き通した里見。
どっちもどっちなんですよね。根っこは一緒。だけど、やり方が違う。
相手が自分には出来ない方法で同じ場所を目指しているのがわかるから、尊重し、嫉妬し、離れられない。

改めて、人は、自分と違う人間に絶対的に惹かれてしまうだなぁと考えさせられました。
大好きと大嫌いは、紙一重で隣り合わせじゃないでしょうか。
嫌いというのは、好きだけれどそれを自分で認められない(認めるわけにはいかない)状態じゃないかと思うのです。
コイツを認めてしまっては自分の立場がないとか、自分を否定することになってしまうとか、そういう状態。

好きの反対は、嫌いではなく、興味がないでしょう。
それが、恋でも友情でも、異性でも同性でも。

例えば恋愛なら、自分と共通する部分が多いと安心するけれど、ドキドキはしない。
安らげる人ももちろん必要だけれど、刺激をくれる人も、やっぱり必要です。
ドキドキするのが異性だと、恋愛と区別がつかなくてまた難しいのだれど。。。


なんだかまとまらないので、このへんで。


« みんなそれぞれの生きる道 | トップページ | ムダ毛追放キャンペーン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21960/355250

この記事へのトラックバック一覧です: 白い巨塔/好きの反対:

« みんなそれぞれの生きる道 | トップページ | ムダ毛追放キャンペーン »

カテゴリー

無料ブログはココログ

占い by いとうより