« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月の記事

情熱不足

今週はずっと無気力です。たぶんPMSです。
なーんにもしたくなくて、生きるのもめんどうになります。

わたしには、人生を賭してやりたいことなんて、ないんです。
やってみたいことはいくつかあるのだけれど、
突き進むための燃料が、情熱が、足りない。

先日たまたまNHKで『課外授業~ようこそ先生~』を観たら
ヨットで地球1周した白石康次郎さんが
「誰にも負けない情熱があったから、夢をかなえることができた」
というようなことを言っていました。

『情熱大陸』という各界の話題の人を取材するドキュメンタリー番組のタイトルに
「情熱」とついている理由がわかった気がしました。

運や努力も必要だけれど、きっと、一番必要なのは「情熱」。
すぐにめんどうになってやめてしまっては何も得られない。

じゃあ、情熱が足りない人は、どうすればいいのだろう?
ただ生き永らえるだけなんて、拷問みたいなものです。

よく言われる言葉があります。
「生きたくても生きられない人もいるのになんて贅沢な」
そんなことは神様に言ってください。
わたしのせいでその人が生きられないわけじゃない。

昨晩の洗い物がまだ放置されています。
お風呂に入りたいけどお風呂を掃除してません。
だんなさんも仕事が忙しいのでお願いできません。

ああめんどくさい。めんどくさい。


それでも生を絶つなと言うならば
誰かわたしに気力と情熱を売ってください。

ママでも金

柔道のヤワラちゃんこと、谷亮子さんがおめでた。
http://www.nikkansports.com/ns/sports/p-sp-tp0-050628-0001.html

前から思ってたけど
ほんと、すごい人です。

期待されても妬まれてもすべて推進力に変換。
傲慢だの我侭だの言われても願望は妥協せず
どんな局面でも自信満々、結果オーライ。
なにより、すべて思惑通りに進ませてしまう運と実力

結果に見合うだけの努力をしている人なのだと思います。
柔道第一の日々でたくさんのことを犠牲にしているのだとも。
でも、それだけでここまで完璧に進んだとは思えません。

こどもは授かりものです。
すでに6連覇している世界選手権より、北京五輪を重視するのは当然でしょうから
アスリート同士、身体が整っていることを差し引いても、
このタイミングでおめでたなんて出来すぎです。

人に宿命があり、課せられた使命があるとするならば
彼女が背負っているのは
「思い通りに事を進めたくば自分を信じればいい」
体現することでしょうか。

自分が要求したことに、応えられる結果を出せると、自分を信じられること。
この強さは、誰もが持ち得るものではない。
天性でもあり、環境でもあり、経験でもあるでしょう。

どこまでも思い通りに進んでほしい。
心から、それを願ってしまいます。


ちなみに彼女はB型だそうです。
長嶋茂雄もイチローも中田も北島康介や藍ちゃん愛ちゃんもB。
周りはお構いなしに、やりたいことをやりたいようにやれる精神を持った人々のように思えます。
たかが統計学、されど統計学、です。

マカ不思議

ここのとこ、眠りたくない病です。
寝起きも最悪です。
たぶん仕事に行きたくないのだと思います。
身体のサインには素直に従ってしまおう。

さて、マカをのみはじめてから、お通じの調子が良かったんですが
さらに驚くことに、サイクルがスピードアップした気配。。。

わたしの周期はもともと30日くらいなのだけれど
ここ数ヶ月は遅れ気味で35~37日が続いていた。
ホルモンの働きが悪くて、卵胞の育ちが遅いせいらしい。

遅れ気味周期の排卵期がやってくるのは、サイクル開始日から約3週間後。
少ないながらも白帯下が一応増えるのが合図で、
念のため、その頃だけ基礎体温を測って、体温上昇で確認。

が、今回は約2週間でその兆候が表れている?

白帯下の段階では半信半疑だったのだけれど、胸がすこし張っているし、
寝起きの体温がおととい36.7℃、昨日36.5℃で、高温期と言えなくもない。
今朝は測り忘れてしまったので、あしたもう一度確認しよう。

もし、もう高温期に入っているのならば、これは、良い傾向なんじゃないだろうか。
マカのおかげか漢方のおかげか、季節とか気分も関係しているのか。
なんだかわからないけど、本当ならうれしい。かなり、うれしい。
いつもより早かったおかげでタイミング逃しちゃったけど。。。うれしいです。

飲んでしまえ。

お酒が止まりません。

妊娠しやすくするために
&懐妊後の練習として
お酒飲まない日を作ろうと思ってるんですけど
どうしても心がそっちへ行ってしまう

たぶんなにかから逃げている
だってこんな時間にまだ起きてるし
ほんとは疲れてるし眠いのに

期待する自分に耐えられなくて、自虐的な飲酒
身体にいいし、と梅酒をゆるした途端、止まらなくなりました。

こーゆーときばっかりは
授かりものなんだから好きにしてていいのよー
と言い訳したくなる、小心者です。

マカと漢方

今回のサイクルがはじまってから
粉末マカを飲み始めてみた。

精神的なものはすぐには築けないけど
身体を整えるのはいつやってもいい。

いろいろ調べてみたらどうもマカがいいらしいので
インターネットショップで粉末マカを購入。

これ、見た目はきな粉に似ているのだけれど
ものすっごくクサイ。
もやしが腐りかけたようなにおいがあたりにたちこめる。
錠剤にすればよかった…

しかし5袋も買った以上、飲まないわけにはいかない。
甘くすると飲みやすいようだったので
残っていた漢方を、ついでに復活させた。

婦宝当帰膠というシロップ状のあまい薬。
血をつくったり、身体をあたためたりする。

これをお湯で溶いて、マカも入れて、ぐーっと飲む。

マカには滋養強壮作用があるので、だんなさんにも飲んでもらう。
粉薬を飲むように、飲み物で飲み下している様子。

さて効果のほどは・・・もしかして、覿面?

準備

野菜多めのバランスの良い食事はもちろん

豆乳飲んだり
もろみ酢のんだり

たばこはやめて
お酒は減らして
(やめられない時点でダメ?)
(でもストレスもアウトだし)

身体は冷やさないように
無茶な生活しないように

いろいろ気をつけているつもりなのに
まだ、なにか足りないらしい

たぶん
こどもに依存しないだけの軸
自分の人生を貫くなにか

サプリメントじゃ埋められない

手始めに
すっかり投げ出して久しい仕事のキャリアを積み直そうか。
それとも、好きな旅行をたくさん計画しようか。

コウノトリを待つ日々

そろそろ子どもを持ってもいいな、と本格的に思ったのは
結婚して4年目に入った去年6月頃。

おととしの12月頃、うつ病で仕事をしていなかった時も
避妊(膣外射精)はしていなかったのだけれど、授からず
あたらしい仕事をはじめてしばらくは、また避けていた。

数ヶ月、生理周期から割り出した排卵期に仲良くしてみた。
あっさりできるかと思いきや、、、授かる気配なし。

仕方なく、基礎体温つけはじめたのは、去年の10月頃。
ガタガタで排卵期がはっきりしないグラフにかるくショックを受ける。

まずは身体を整えようと、漢方を飲み始めたのが12月。
漢方薬局で買うと1か月分1~2万円。高い。

その年末、月のものが1ヶ月とんだ。
だんなさんに激しく腹を立て続けていたからじゃないかと思う。
仲直りしたとたんに始まったから。

基礎体温持って近所の産婦人科に行ったのは、今年3月。
子宮が小さめだとか、黄体ホルモンの働きが悪いとか、ぼそっと言うだけで
考えられる理由も、解決策も、なにも言ってくれないおじいちゃん先生だった。
診察料は毎回2~3千円。バカにならないのに
まだ卵が育ってないから1週間後にまた来て、なんて気安く言うな。

わたしの年齢とか、子どもを望んでから2年経っていないこととかから
まずはタイミング法でしばらく様子見、と勝手に判断したのだと思うけれど
今後どう進めていくかについて、なーんにも説明がなかった。

予想以上にかかりそうな費用
先が見えない治療計画
"正常ではない"自分の身体

じわりじわりと、心が疲れていった。

それで、基礎体温をやめた。漢方も。

すこしずつ元気になってきたけど
毎月期待してしまうことには変わりない。
自分で、自分に、プレッシャーをかけてしまう。
真綿で首を絞めるように。

こういう自分と、うまく付き合えるようになりたい。

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

カテゴリー

無料ブログはココログ

占い by いとうより