« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月の記事

healing song =Jupiter=

Every day I listen to my heart
ひとりじゃない
深い胸の奥で つながってる
果てしない時を越えて 輝く星が
出会えた奇跡 教えてくれる

Every day I listen to my heart
ひとりじゃない
この宇宙の御胸(ミムネ)に 抱(イダ)かれて

私のこの両手で 何ができるの?
痛みに触れさせて そっと目を閉じて
夢を失うよりも 悲しいことは
自分を信じてあげられないこと
愛を学ぶために 孤独があるなら
意味のないことなど 起こりはしない

心の静寂(シジマ)に 耳を澄まして
私を呼んだなら どこへでも行くわ
あなたのその涙 私のものに
今は自分を抱きしめて
命のぬくもり 感じて
私たちは誰も ひとりじゃない
ありのままでずっと 愛されてる

望むように生きて 輝く未来を
いつまでも歌うわ あなたのために

絶食してみた。

もう先々週のこと。
飲酒&過食して
21時頃に寝て3時頃起きて
前回記事書いたり
やっと届いたCD聴いたり
渡邊満喜子さんの本を読んだりで
二度寝のタイミングを逃し。

明け方、おなかがすく。
でも食べる気がしない。

砂糖だの粉だの添加物だの
考えるのがいやになっただけ、
とも言えるのですが

ふと、
絶食しちゃえばいいのでは?
と思いつきました。
生理中は体力消耗しているだろうから
避けた方がいいかな?とググってみたら
「生理中の絶食は良い」との情報。
トラバさせていただいたゆうだいさんのブログです。
元は鍼灸のセンセイの指示のようで
試された方の結果は上々の様子。
【寺子屋お産塾】でもおすすめされているし、と
1日絶食を決行!

<食事と出血量の経過>
前日
 帯下に微量混入
1日目
 朝:体温低下。
 午前:菓子少々。憂鬱
 昼:ドライカレー、サラダ、スープ
 夜:宴会メニューから野菜を中心に。ようやく本格出血
2日目
 朝:メロン
 午後:ボイスヒーリングでお菓子をいただく
 夕:クロックムッシュを一切れ。出血多め、塊少なめ。
 夜:日本酒・野菜中心の惣菜
3日目
 午前:お土産のアーモンドチョコ1つ。憂鬱
 昼:パン3切れとイチゴ少々。憂鬱
 夜:過食。量がやけに増える。
4日目
 朝:なし
 昼:なし
 夜:豆乳。ダメ押しのように出血
5日目
 朝:イチゴ
 昼:ふつうに食べる。少量出血

あとは忘れましたが(笑)
感想; 意外とカンタン!!
いつもより気持ち多めに
お水を飲んだくらいでしょうか。
太陽にあてたお水だと
あんまりお腹がすかない。

常連の塊くん、今回少なめでした。
本来は酵素で溶かされて血液状になる
→全体量が多かったのは、酵素が働いたから?
5・6日目に少量出ていたので
終り方はいつもとあまり変化なく。
宿便が出た感じもなく。

大きな収穫は
「24時間 砂糖も粉物もとらずにいられる」
と、わかったこと。
依存かどうか判断するには短すぎるし、
メンタル面で変わった感じもないけれど、
ちょっと気が楽になりました。

この絶食以降はたんたんと、
朝食:ナシ、たまに果物か豆乳&シリアル
昼食:社員食堂(肉魚へらしてもらう) または パン+果物
夕食:基本的に菜食
というサイクルで暮らしています。

周期16日目。レディデイαによれば
まだ排卵期ではなさそう。
今月ものんびりやな卵ちゃんです。


cd倍音浴~Echo Of Silence~/牧野持侑
お寺の鐘の音が好きな人にはおすすめ。

Down Down Down

Alice went down a big hole.
At last she came to a strange country.
She came to the wonderland.

「不思議の国のアリス」の一説
中学1年の英語の教科書から引用
(無駄な記憶力)

この低空飛行の果てに、
ワンダーランドに着くのなら
飛び甲斐もあるんですが

どーも駄目です。
4月末からアップダウンの繰り返し
先週なかばに持ち直して
ひさびさにヨガ行ったりして
でもまた崩れて。
不要品整理をすすめたり、
低気圧が去ってお日様が顔を出して
緑あふれる公園でお昼を食べても
やっぱり駄目で。

前みたいに、人生投げ出したく
ならないだけいいんですが、
浮上の足がかりが見えず
そもそも浮上する気が
あるのかどうかもわからず…

ただいまリセット4日目。
塊すくなめ、量多め
経血コントロールなんて
どこ吹く風~

今日のだるさは、たぶん
昨日の日本酒とタバコとケーキ
その時は気分良くて美味しくて
量もセーブしてたんですが、
疲労感たっぷり=肝臓が解毒に忙しい

などと思いつつ
今日もワインを半分。
20時までと決めて
アイスやらパンやら菓子やら過食。
お昼を社員食堂でとらず
パンで済ませた反動かな。

砂糖摂取、やめたいのに。

いま我が家にある菓子類は
甘さを全面に押し出すような
類のものではないけれど、
微量でも砂糖は入っているし、
どんな良いものも過食してしまっては
肝臓にも胃腸にも負担だろう。

粉物もやめられない。
昼のパンは砂糖不使用、
国産小麦なのでまだ良いとする。
夜の胡桃パンは、ベーカリーのものながら
添加物や砂糖がいくらか使われているのに
買ってしまったので、
さっさとなくしてしまいたかった。
本末転倒な衝動。

酔って食って泣いて寝て起きて
これを書いていたら夜が明けた。

昨日(おととい)の渡邊満喜子さんの
ボイスヒーリングセッション感想とか、
砂糖とへその緒についてや、
不妊と鬱と偏差値世代についての
考察なんかも書きたいんですが、
どうにも。

いろんなセッションや占いで出るのですが、
そして実感してもいるのですが、
いまわたしは、天職の変わり目にいる。
その変化に、うまく乗り切れない。
飛び立てない。
砂糖を断ち難いのも
そこに関係しているのだと思う。

ヒーラーさんにセッションを
お願いしようとも考えるけれど、
…実は、依頼メールは送ったものの
そのまえに食事管理と
不要品を手放しましょうとブログにあり。
それができないから
ジタバタしているのであり。

でも、ほんとうは知っている。
いま必要なのは癒しでなく、
自律の意思。
自分の空へ飛び立つこと。
砂糖はあまやかなバリア
打ち破らないと進めない

なにがそんなに怖い?
さみしがる理由もないでしょう?
理性はそう言うのだけれど
わたしのなかの子どもが
しがみついて離れたがらない

まずは3日、抜いてみようか。
1日でもいい。

自転車の練習で言えば
父母の手が離れても
補助輪がついている状態。
まず、車輪を宙に浮かせよう。

補助輪なしで自由に
好きな場所へ行かれるように。


cherryリンク
『聖なる癒しの歌―ヴォイスヒーリングへの道』 渡邊満喜子・著
絶版。図書館で借りて、いま読んでいる。

1日2食ライフ
朝食を抜くのはカンタン。
夕食を20時までにとる方がハードル高いです…。

砂糖の過剰摂取の害
食べてはいけないわけではない。
ただ、やめようと思っているのに食べてしまうのは、
中毒であり、依存である。
わたしはそこから脱したい。

パンや菓子を自分で作る気力があればなあ。。。

魂の手がかり

占い または 分析フリーク的に
手軽で重宝な情報リソースといえば、血液型。

ざっくり4種類で、単純に判断できるものか
しばしば耳にする反論ですが
侮れないと思うのですよ。
単純に統計的に、傾向はやっぱりあるし。

そして最近気づいたこと。
輪廻転生を前提としますが…
自分の血縁カルマを考えるに
今生開始前の魂による「人生設計」は
血液やDNAに刷り込まれている。
DNAから宿命を知るセッションというのもあるし、
すべてが計画されたものである以上、
生年月日や兄弟構成から割り出す
各種占術にたくさんのヒントがあるのも当然で。

さらに、血液型って、
「仲間探し」の手がかりかも?
仲間っていうのは
魂の出身地が一緒とか
過去生で血縁だったとか
って、なんか胡散臭いけど

これまた個人的な体験からですが
同じ血液型の人に
血脈にも似たシンパシーを抱くことが
とてもとても多い。
もちろん、同じであれば全員、
ではないのだけれど、
とくにここ数年は顕著で。

言葉にしなくても通じるなにか、
「当たり前」が似た感覚の人たち。
彼らと話をしていると
こうして戦っているのは独りではない、と
力強い気分になる。

そして、異なるタイプの人たちから
学ぶべきたくさんのこと。
うまく伝わらず歯がゆかったり、ぶつかったり、
見方も感じ方も違うからこそ
わたしの、…たぶん互いの、成長を促してくれる。

ひとつ、謎なのが
血のルーツ(家系)と輪廻転生のつながり。
家系には時間と土地の情報が付き物だけれど
輪廻転生する魂には時空の観念がない。
「血」という物理的なものでつながる
ご先祖様や、子孫たちは、
ソウル的にはどんなつながりなんだろう。
付いたり離れたり関係を変えながら
一緒に歩んでいる「仲間」かな?
まるで異星人のように感じる夫も
初めて会ったのでは、ないような気がする。

この人生を組み立てたときの自分は
決して敵ではなくて
この人生がときに過酷だったとしても
その根底にあるのは
大仰だけれど、
きっと、「愛」
忘れず、信じて、歩いていく。

ヒーリング体験(音)

今朝の体温、36.5度。
ビミョウに下がっています。
もしや…
昨晩から足首も冷えてるし…
gawk

さておき
ソウルボイスヒーリングの話。
こちらは4月上旬に受けました。
よく訪ねるブログで知ったのですが
「音楽」というキーワードに
強烈に惹かれて
いつもなら躊躇うお値段にも
ひるまずに即 予約。

結果、大当たり!
血縁カルマを手放すことのできた
記念すべきセッションとなりました。
音と声の力を再認識。

お世話になったのは、コチラ
アロマサンドリーズ
HPの体験談コーナーに
わたしの拙文を載せてくださったので、
興味のある方は上記リンクからご参照ください。
 先日はすてきなセッションを
 どうもありがとうございました~(略)
 ~屋久島にも行ってみたい(略)。
というのがわたしが書いた
お礼 兼 感想メールの一部であります。

一般的なヒーリングセッションは
受けっぱなしになってしまうのだけれど、
レイキ交流会だとか
ボイスヒーリングだとかは
自分からのアクションが必須なので
「自分で動いてナンボ」な
エネルギー過多人間にはドンピシャ。

そして、歌も、レイキも、
特別な力や知識や道具を、特に必要としない
初心者へのハードルの低さ
日常への取り入れやすさが魅力でした。

セッション以来、ちょっと気が滅入っても
自然を感じながら鼻歌をうたえば
フラットな気分になれる。

こうして、バランスをとる方法を
ちょっとずつ学び中であります。

ソウルボイスヒーリングは
今月中に、また違う方から
受けてみようと思っています。
たのしみです♪♪

ヒーリング体験(気)

先週の日曜日
ヒーリングサロン・ブライトさんで
開かれた、レイキ交流会なるものに
参加してみました。

以前、なにかの検索をしていて
たまたま辿り着いたサロンですが、
馴染み深い土地にあったので
行く機会をうかがっていたら、
お手頃価格&ハードルの低そうな
交流会のお知らせがあり。

参加者5人のうち、初心者はわたしひとり。
みなさん気さくで、なごやかで、
お日様もあたたかく、居心地のよい空間。

レイキは本当にまったく初めてでしたが、
意外と体感できるものですねえ。
送ってくれる人によって、
電気風呂のようなぴりぴり感だったり
あったか~い空気だったり。

さらには、手をかざして
調子の悪いところをスキャンしたり
なんてこともやってみたのですが、
これまた意外と、感じるもので。
ひやっとした空気や、
するーっと流れない感じがするのです。

そのほか、算名学をみてもらったら
後述のソウルボイスヒーリングを
受けて以来 加速している
音楽への興味を後押ししていただき。

みんなでわいわいとやってみた
カードリーディングは、
かわいい絵柄に惹かれて
フェアリーオラクルカードを選びました。
出てきたのは [Financial Flow]
このブログテンプレートにも似た
青地に光がさす、きれいなカード。
フェアリーカードは初めてでしたが、
わりと即物的な、身の丈のメッセージで、
その頃 思案していた お金、
特に本職以外の収入源との
付き合い方について、
受け容れていいんだよーと
これまた背中を押してもらえたかんじ。

他の方々は大天使カードや
OSHO ZENタロットをひいていましたが、
不思議と、どれも思い当たる節があり
同じ場にいることの縁を感じました。

普段、ネットや本など
情報収集を目に頼りがちなことが
気にかかっていたので、
複数の人と気を送りあったり
お菓子をつまみながらあれこれ話をしたり
というフランクな交流会は、
バランスがとれて良かったです。

予定をオーバーして約5時間
やさしいエネルギーに
すっぽり包まれたおかげで
痙攣の止まらなかった疲れ目も
どこかへ飛んで、その後数日は
スキップしたいほど心身好調☆
(先週の元気の素はこれでした)

そして、今日気づいたのですが
祖母のトラウマ; 損失への執着から
受け継がれてきた「損得勘定」、
Financal Flow の後押しで
お金の出入りを受け容れてから
すこし、抜けたかもしれない。

スターオブヘツレヘム
先月、ふと思いついた
バッチフラワーレメディの名前。
メッセージは
「ショックを癒し、トラウマを開放」

レメディは買わず、
PCのデスクトップに
この花の写真を貼っていました。
すこしは引き寄せ効果あったかな?

シンクロって
気にしだすとすべてがそうだし
気のせいだといえばそれまで。
でも、意思によって結果はかわると
信じているほうが、たのしいapple


長くなったので
ソウルボイスヒーリングは次回。

spade リンク
Osho Zen Tarot : カードをひいてみることができます。

新月に願いを

我が子に出会えるのは
5月だろうと
思い始めて早1年。
ある日とつぜん、閃いたのだ。
根拠ゼロ(笑)

もっというと
双子ちゃんもいいな~
ありえるな~
とも思っている。
妄想爆走(笑)

今日は5月 牡牛座の新月newmoon
3月、4月の新月に書いた
アファメーション
実現しているかどうかで
5月の内容を考えないとね。と
検査薬を使ってみたところ
結果は シロ

そらそうだよねえ
体温あがってないし
(ここ数日は36.6度前後)
ナカヨシほとんどできてないし

旅先ベイビーもいいな
などという
おバカな期待は泡と消えました。

ちょうど生理予定日あたりなので
まだ早いようにも思うけれど、
妊娠検査薬は早期用でなくても
予定日前から反応したりするそうなので
今回は、ちがうのだろう。

次回に備えて
排卵検査薬も導入しようかな?

レディデイαでわかる
「エストロゲンの増加」は
あくまでも「排卵準備OKサイン」
PCOSなわたしの場合
この段階の排卵確率は
おそらく5割程度。

排卵検査薬で測る
「LHサージ」は「排卵GOサイン」
これがわかると
確率8割にはなると思う。

これ以上に確実なのは
婦人科でのエコー排卵チェック

確率があがるたびに、
費用もかさむのがミソ…
しかも、PCOSだと、無駄打ちが増える!
前に買った排卵検査薬は
もったいなくて頻繁には使えず
陽性反応には見れなかった。

当時は知らなかったけれど
安価な輸入品もあるので、
9月頃まで気合入れて使ってみよう!


仮に、初対面が5月だとしても、
生まれ出てくるときなのか
着床して心拍確認するときなのか
はたまた他のタイミングか

いつになってもいいように
ぬかりなく準備して
たのしみに待っていようcarouselpony

きのうの夢で見た
満天の星空みたいな
きらきらした未来へ進もうnight


moon3 リンク
新月のアファメーション

輸入検査薬<排卵&妊娠>

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

カテゴリー

無料ブログはココログ

占い by いとうより