« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月の記事

下がって上がって下がって

周期15日目です。
今周期は不思議な動きで
サインが読み取れません!

リセット中に36.4℃から徐々に下がった体温
36.2℃あたりで停滞。
ここまではフツウの低温期。
周期9~10日目、なぜか伸びる帯下。
これはいったい…と訝っていたら
11日目には、がくっと下がって35.95℃をマークdownwardright
まさかもう排卵?
いつも16~19日かかるのに?
そんなことがあるのかなー
と、様子見の3日間は36.4~36.5upwardright
便秘気味になってきたし
このまま高温期に移行か?
そんなこともあるのか…
否!本日 36.00℃ に急降下downwardright
あしたはどうなることやら。

ここのところ仕事が忙しく
食事の時間がずれたり
夕食前後に甘いものを食べていたり
やりたいことをやろうにも
身体が言うこときかずにバタンキュー

睡眠時間はさして変わらないものの
寝起きのだるさといったら!
それでも、いつもの時間通りに
目が覚めるのだから
人として進化したなあと
感慨深くもあるのですが。
(前ならぐだぐだ鬱々になっていた!
 残る気がかりは、忙しさが抜けたあと、
 スイッチをうまく切替えられるかどうか。
 ローギアは苦手なのです。)

口の中が荒れてきたので
胃腸もおつかれ気味のようですが
他で発散できないせいか
頭の中は食べたいものでいっぱい。
しかも、ドーナツとか、天ぷらとか
負担の大きそうなものばかり。

さっきカードをひいたら
・Sign
・Body Care
・Truth & Integrity

よし、今日は諸々突っぱねて
定時退社しよう。
やさしいご飯を作ろう。
そしてたっぷり眠ろう。
えいえいおー!

1日断食と過食

先日の記事のあと、やはりリセットしたので
さっそく夜から翌日の昼まで断食しました。

いつも生理前半は
おなかがすいた感覚があまりなく、
子宮に気をとられるからかな?
と思っていたのですが、
食べなくていいよ。排出しよう。
のサインなのかもしれないな~。
などと、呑気に構えていたところ

今回はばっちりおなかがすいて
いろいろ食べたいものが思い浮かんで
無理かなーと弱気に…。
無事乗り切れたのは、残業のおかげ(笑)
ケガの功名その1。

その2は、愛用の流せるナプ
買い置きがなく、あちこち探し回って、
結局 翌々日まで買えなかったこと。
おかげで経血コントロールには
おのずと熱心になりました!
なかなかうまくできませんが
すこし感じがつかめてきたかな?

そんな今回の生理は
はじめの3日に鮮血がそこそこと
おおきめの塊が1度(たぶん)
残り2日は少量で、膜様のものが
たまに混ざりました。

これまでは平均6日くらいで
しょっちゅう大小の塊がありましたから、
わたしにしては、いいかんじ。
断食翌日には腸もスッキリです。


体調も上々♪なのですが
背中の痛みと、過食傾向があり。
生理前、断食直後、そしていまも、
夕食のあとのおやつタイムが
欠かせなくなっています。

多めの玄米や胚芽米をよく噛んで食べたり、
砂糖やアルコールを摂り過ぎないように
最低限は気を遣いながらも、
胃がパンパンにくるしくなるまで
食べ続けてしまう。

断食明けの夕食を、勢いで大量に
(しかも肉や油も)摂ったせいなのか、
こちらのサイトによれば
胃腸が荒れ、肝臓が腫れている?)
単に、体重が落ちているせいか、
変化の時期を乗り切るためなのか…

でも、原因の特定をしたり
問題を全て解決しなくてはならない
と思うのではなく、
日々、その時々を、たのしんで
心に落ち着きを取り戻すことが
近道かな、と思います。

いつでもどこでもだれといても
わたしがわたしらしくあるために
自分を愛すること
自分を信じること
自分を恐れないこと

いまの症状や状態も
きっとなにかに必要なこと。
こわがらずに、じたばたせずに
自然体でいきます。


pigリンク
1日節食・1日絶食@寺子屋お産塾
プチ断食のすすめ@All About
半日・1日断食のやり方@身心健康堂

セペ 流せるナプキン 28枚入り

カウントダウン

レッグウォーマーして寝たけれど
36.7→36.6と下がっていた体温、
さらに低下して本日36.4℃。
雑多なものを食べたい欲もますます旺盛
黄体ホルモン減ってるんだろうなあ。
昨日からやたらとお腹にガスがたまるし
いつリセットしてもおかしくない状態です。

言葉や思惑が未来を創るのだから
妊娠を望む者として
リセット予想=ネガティブはNG
なんだろうけれど、
月天中殺に期待は禁物だし、
根付いてくれたなら、この卵を育てる
リセットしたなら、次の卵を育てる
それだけの違い。

不安定ながら11日ほど高温が続いたので
黄体不全は許容範囲だし、
排卵まで時間がかかったことを除けば
体調もわかりやすくて
かなり理想的な周期だから、
淡々と経過をながめられています。
リセットしたら絶食だな♪
と、たのしみなかんじすらある。

カードをひいても、
「自分を受け入れる」
「希望をもって生まれ変わる」
「満ち足りている」
「ポジティブな変化」
「メッセージを見つけましょう」
⇒心身の変化に身をゆだねていればよさそう。

以下、備忘的に
今回の過食で口にしたもの。

せんべい
無添加ポテトチップ
炒り黒大豆
味付け海苔
プレーンクラッカー
ビスケット
クルミ、ナッツ類
カカオ80%チョコ
親指サイズのチョコモナカアイス
てんさい糖を使ったレーズンクッキー
ノンアルコールビール

うん、なかなかヘルシー!
(過食自体は良くないにしても!)
安い、雑多なお菓子を買っていた頃は
躊躇なく食べきってしまったけれど、
いまは厳選したものばかりなので
一品あたりの量は自然に控えられている。
買い置きをやめればもっと減って
野菜とか食べるんだろうな。
こんなところでケチが役立つとは(笑)

絶食のあとはなにを食べようかな~。
玄米がゆを炊こうかなあ?

……求めるものは変わっても、
食への欲求は一向に減らないようですcatface

PMSと妊娠判定

生理前によく起こる現象
いわゆるPMS(月経前症候群)

わたしの場合は
・食欲増進
・性欲増進
・いらいら
・ゆううつ
・便秘
・風呂に入りたくない
・胸が張る
など。

組合せはそのときによっていろいろで
ほぼ毎回発生するのは便秘くらい、
それも朝食抜きにしてからあまり縁がないです。

食欲・性欲については
ダイエット情報
根拠発見しました!

高温期を支えるプロゲステロン
(黄体ホルモン)に
性欲と食欲を抑える効果があり、
生理前でだんだん減ってくると
復活する、という仕組みらしい。

ということは?
ここのところ感じている性欲や、
夕食後 おなかは満たされているのに
お菓子が止まらない過剰な食欲は、
もしや判断材料になってしまうんだろうか…

しかも体温、下降気味。
36.79→36.75→36.60
36.7℃を一気に切ってしまった!
昨夜はレッグウォーマー忘れて寝たうえに、
布団はいで寝てたから、と言い訳(笑)

便秘は、高温期半ばに数日ありましたが
ノンアルコールビール飲みすぎの
胃腸の不調と思われます。
めずらしく、高温期に入ってすぐに
かるく張った胸は、そのまま維持。

このタイミングで
「実は先日、流産しました」
なーんていう日記読んじゃうし。

clear

こんなときこそ
Be positive!
想像力が未来を創る。

体温さがっても妊娠していた
という人もいるわけだし、
考えすぎていいことはない。
普段通りに暮らして天命を待ちますshine

来月に予定している富士登山fuji
「妊娠できたら無理かも?」
なーんて憂慮するのはやめて
「一緒に登れるならおいで!」
の心意気でいこう☆

わたしの人生は、わたしが決める
宿るかもしれない命の人生は、
その命が決める。
シンプルなことを信じよう。

4・5月の戦績-飲食編-

飲食もひろい意味では
ボディケアですが
さておき

【食べ物で身体作り】
朝食は基本的に抜き。
AM4時~正午は消化吸収タイム
というのは、やってみると実感します。
朝食を抜いた日はたいがい
昼前には快便☆

お昼は社員食堂が多いです。
揚げ物の日はパスしたり
肉は少なめにしてもらったり
明らかに既製品の場合は
他の人にあげたりと
ワガママ通しています。
お弁当を持っていけば
制御しやすいのですが、
安くておいしいので、つい。

夕食は、肉・魚は極力少なく、
メインのたんぱく質は
豆腐や、豆加工品、大豆など。
玉子はここ数ヶ月買っていません。
乳製品、主にチーズやヨーグルトは
どうも好きみたいで、たまに食べています。

それから、最近はじめたこと
「電子レンジを極力使わない」
手軽で早くて便利
おかずのあたためも
野菜の下茹でも
レンジ様様でしたが、
「物質の細胞が破壊されている恐れがあり
 そこから取れるはずの栄養が取れず
 身体ががっかりしている」
なんて聞いてしまったら…

慣れればさほど不便はありませんが、
ごはんのまとめ炊き&冷凍に難あり!

夫は玄米のみのごはんは食べません。
1人の、せいぜい2食分を
都度炊くとなればかなり効率が悪い。
まとめて炊いて小分け冷凍したのちに
おかゆやリゾットに加工すれば
いいのですが、どうにも億劫で。

いずれは、まめに炊いてお弁当に♪

有機野菜を売っている店が
近所にないので、
宅配も試してみたいです。


△断食
生理3日目の1日断食のほかに、
胃腸の調子が整わないときは
朝・昼抜きのプチ断食をします。
翌日 反動がきてお菓子に手が伸びるので
まだまだ修行が足りません。

○飲み物
最近はもっぱら水です。
浄水器を通した水を
お日様にあててまろやかにして、
浄水か白湯に足して飲んでいます。
気分転換にハーブティを飲むこともあります。
コーヒーはたまに、それもひと口飲めば
気が済むようになってしまった。

低温期は豆乳を飲んでいましたが
1日100mlくらい?
大した量ではなく、気休めですね。

○節酒
低温期は赤ワインにはまってましたが、
高温期はもっぱらノンアルコールビール。
ドイツ産・麦芽&ホップのみで
発泡酒よりおいしいです♪
が、調子に乗って飲んでいたら
舌が=胃が荒れ気味になりました…。
炭酸ってやっぱり刺激がつよいんですね。
家製梅酒や日本酒もときどき飲みます。

△節甘いもの
いま最大の敵は砂糖!
社員食堂の調理では
間違いなく使われているでしょうし、
市販のお菓子とも
すっぱり手を切ることができません。
砂糖不使用のパンも
あまり売っていないので
妥協してしまったり。

しかしですね
たくさん食べたい気分のときでも、
以前の3割くらいの量で
もういいや、と思ったり、
以前はおいしかったお菓子が
甘すぎて食べられなかったり、
ちょっとずつ変化はしています。

つまり、最初のハードルは
たぶん、越えているんです。
まずは自分をほめよう!
あんまり厳しくせず
カンペキを求めず
ちょっとずつ先へ進もう。

4・5月の戦績-ボディケア編-

周期33日目、高温期11日目
過去2ヶ月の習慣実績記録を
思い出せる範囲で。

【からだを知る】
◎基礎体温を測る
淡々と続けています。
いまは、36.7℃前後をうろうろ。
36.98℃をマークした日は
さすがにワクワクしましたが
1日限りでした…
でも!最近の傾向からすると
36.7℃だって優等生な体温。
しっかり二層に分かれて
いいかんじです♪

○排卵チェック(レディデイα使用)
今周期は、排卵日と思われる日の
3~5日前あたりに、
水玉ではないけれどシダとも言えない、
線の集まりがみえました。

◎帯下チェック 〔new〕
排卵期に白いものが増えて、
白っぽいまま伸びるようになり、
高温期のはじめはほとんどなく、
ここ数日は、再び、白で伸びるかんじ。
また排卵か…?いやいや。
高温期の白いおりものは
着床サイン説、その逆の説、
あるようなので。
あまり気にせずにいます。


【冷えとり】
梅雨寒の日は、足先の冷えを感じます。

◎あったか装備
標準はあいかわらず
絹5本指+綿5本指 or 先丸+綿絹レッグウォーマー
+シルクズボン下(ハーフ丈)+カバーパンツ

レッグウォーマーを薄手の絹にしたり
たまに、カバーパンツなしの日もあります。
歩いて暑くなって汗かいて冷えたら、
元も子もないですから。

職場では、冷房との戦いが始まりました。
バスタオルをひざ掛けに、
お尻も冷える時はぐるっと巻いて、
それでも寒ければ腰にカーデガン。
つまり、冬と変わりません(笑)

寝る時は
綿絹レッグウォーマー+カバーパンツ
だけの日が多いです。
足先より、足首や股関節を
あっためる作戦。

△半身浴・足湯
週2~3回の半身浴は継続。
足湯はすっかりご無沙汰です。

△足に冷水
これまたさぼりがち…
寝起きも寝る前も、
足先があったかいことが多いので。


【経口毒、経皮毒を避ける】
○化学物質・添加物
極力避けていますが
食べたいもの優先することもあり。
ほぼ100%避けているのは
果糖ぶどう糖・異性化糖 関係と
たんぱく加水分解物

△生理用ナプキン
布はいまだ手をだせず
天然素材ナプキン続行中。
今回は塊ほとんどナシでした!
ついに効果が現れたのか
それとも気温があがったからか
はたまた絶食がよかったのか
何にしても嬉しいことです。

△化粧品
変わらず。

○シャンプー・リンス・ボディソープ
変わらず。

snail
食べ物関係はたくさんあるので、
次の記事にします。

ケルトの風

アイルランド;
イギリスの隣の島
Coccoが訪れた緑の土地
・・・認識はその程度

キネシオロジーのIHセッション
(インテグレイティッドヒーリング)で
過去生で、古代ケルトのドルイドの村に
いたことがあると言われ

渡邊満喜子さんのボイスヒーリング
過去生で神に祈りを捧げる
修道女のような職だったことがあると言われ

ヒーリングオフィスブライト
個人セッションでは
"音楽"の波が来ているという話の中で
「アイリッシュハープ」の
キーワードが降りてきて

音だけでなく
身体を使いたい
ダンスとの融合とか…notes
などと思っているところで
アイルランドの舞台「リバーダンス」
日本最終公演中との情報。
東京公演は今週迄とわかった勢いで
ticket買ってしまいました。

むかしCMで見た
ラインダンスのような踊りが
記憶の片隅にあるくらいで
予備知識はゼロ!

いつだったか
音楽とダンスでみるアフリカ、というような
舞台を見に行ったことがあり
そのときは正直、いまいちだったので
一抹の不安はあるのですが

心を開いて
ケルトの風を感じたいなmoon1

排卵日の特定=福ちゃん式=

周期26日目、高温期に入っています。
いつもよりさらに長めな低温期でしたが
(お酒をわりとよく飲んでいたせい?)
どうやら排卵してくれたかな~。

元気なタマゴちゃんだといいな。
出逢えているといいな。
着地できるといいな。がんばれっ

今回の排卵日特定は、
排卵検査薬を買い忘れたので(笑)
福ちゃん式に挑戦しました。
ビリングズメソッドとだいたい一緒で
帯下の状態をチェックします。

周期17~19日目あたり
レディデイαでシダっぽい模様がみえたものの
帯下は白っぽいべたべたしたかんじ。
徐々にシダは見えなりつつ、
帯下は伸びるようになって4日目
体温がぐんとさがって36.1℃。
帯下はまだ伸びる。
その翌日、周期23日目 36.35℃
突然だるくなって昼寝して
夜にはさらりとした感触に変化しました。

体温は36.55→36.57→36.84 と推移中。
帯下はぺたっとした感じか、
あまり感じない程度です。
今日はまれに見る36.8越えですが
気温か、タイミングか、それとも…?

福ちゃん式によれば、妊娠した周期は
2段階にあがるんだとか。
でも「妊娠周期の基礎体温」で検索して
いろんな方がアップしてくださっている
基礎体温データを見ると、
高低も安定具合もばらばら。
さて。この先どうなることやら?


わたしは基本的に排卵痛がないし、
PCOSは排卵率が低いので、
排卵したかどうかの目安はとても重要です。

体温が一番下がった日や
レディデイのシダ模様のピークが
排卵日とは限らない
と、知識はあったけれど
やはり目安にしたくなるもの。

エコーで確認したわけではないので、
今回の排卵はあくまで
仮定・予想・希望ですが(笑)
レディデイとは3日、
最低体温とは1日ずれました。
排卵検査薬の説明も、たしか
「ピーク後 36時間以内に排卵」
となっています。

不妊でよかったことのひとつは
自分の身体と向き合う
きっかけをもらえたこと。

身体って神秘だけれど
ヒントやサインはちゃんとくれる。
見逃さず、ないがしろにせず、
二人三脚でがんばろう~。


heart01リンク
福ちゃん式

ビリングズ排卵法

歌いたい。

ボイスヒーリング以降、
歌いたくて仕方ない。
それも、体ぜんぶを使って。
全身からほとばしらせるように
声を響かせたい。

たいした運動もしてないのに
なぜか幼少期から
基礎体力には恵まれていて、
声量も肺活量も、どうやら人並み以上。
加えて、とおり過ぎてうるさいくらいの声質。
活かさなきゃもったいない!?

歌っている間は頭がからっぽになる。
その感覚がまた、気持ちいい。
腹の底から歌えば血行もよくなって
足がしびれてくるくらい。
できれば踊りもつけたいのだけれど
なにか良い方法はないものか。

ゴスペル
ボーカルスクール
声楽
体験レッスンあらし。
いまのところピンとこない。

なにか編み出すしかないかなあ…

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

カテゴリー

無料ブログはココログ

占い by いとうより