« 排卵日の特定=福ちゃん式= | トップページ | 4・5月の戦績-ボディケア編- »

ケルトの風

アイルランド;
イギリスの隣の島
Coccoが訪れた緑の土地
・・・認識はその程度

キネシオロジーのIHセッション
(インテグレイティッドヒーリング)で
過去生で、古代ケルトのドルイドの村に
いたことがあると言われ

渡邊満喜子さんのボイスヒーリング
過去生で神に祈りを捧げる
修道女のような職だったことがあると言われ

ヒーリングオフィスブライト
個人セッションでは
"音楽"の波が来ているという話の中で
「アイリッシュハープ」の
キーワードが降りてきて

音だけでなく
身体を使いたい
ダンスとの融合とか…notes
などと思っているところで
アイルランドの舞台「リバーダンス」
日本最終公演中との情報。
東京公演は今週迄とわかった勢いで
ticket買ってしまいました。

むかしCMで見た
ラインダンスのような踊りが
記憶の片隅にあるくらいで
予備知識はゼロ!

いつだったか
音楽とダンスでみるアフリカ、というような
舞台を見に行ったことがあり
そのときは正直、いまいちだったので
一抹の不安はあるのですが

心を開いて
ケルトの風を感じたいなmoon1

« 排卵日の特定=福ちゃん式= | トップページ | 4・5月の戦績-ボディケア編- »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

これまた古い記事にコメントすいません。
私もケルトには反応してしまいます。時々ケルト音楽をBGMにしてることもあります。
前世で経験ありだと信じてます。(北欧系だとバイキング時代はあるようですが)

私もcocco大好きで、この記事の「coccoの訪れたアイルランド」って多分SWITCHの記事のではないでしょうか?私はこのswitchのcoccoの写真見てなぜか「うわ〜」となった記憶を覚えています。(当時は前世なんて全く信じていなかった)
寒々しい風と草原の感じ。私はこの景色のこと思うと、すんごく寂しくて悲しい気持ちになるんですけど大好きなんですよね〜。
ケルトと縄文時代も共通点がたくさんあって世界って面白いですよね。

ユニコさん
こんな古い記事まで読んでくださって…ありがとうございます!
2008年。そんなに前のことなんだ…。

Coccoのは、そう、SWITCHです。
ほんとうに寒々しくて厳しくて
だからこそ真実だけがそこにあるような風景。

すこし前に、岡本敏子さんの小説を読んでいたら
ケルト文様やアイルランドが出てきて
ひさしぶりにあの空気感を思いだしていました。

ポリネシア文化の伝統的な文様にも
共通するものがありますよね。
ヒトが心惹かれるものって、変わらないんだなあ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21960/41514352

この記事へのトラックバック一覧です: ケルトの風:

« 排卵日の特定=福ちゃん式= | トップページ | 4・5月の戦績-ボディケア編- »

カテゴリー

無料ブログはココログ

占い by いとうより