« 酔って記憶を失くすということ | トップページ | 2008年-ボディ編- »

酔って記憶を失くすということ、その2

酔って記憶を失くした今年の数回の
共通点を探してみた。

カラオケの会計のときが3回
母と2人で家飲みしているところに
父が帰宅したときが1回

そのうち2回に関係していた父にばかり
やたらフォーカスしていたけれど、違う。

キーワードは
・けっこうたのしい
・かなり気を遣っている(無意識)
・お酒を飲み過ぎている

この状態から解放された瞬間
意識がとんでいるのだ。
いずれも5~10分ほどの記憶がない。
そのあとは、なんとなく覚えている。
もちろんシラフ同様とはいかないが(笑)

会計時の記憶がないなんて
人としてどーなの!?と思っていたが
そうか、それまでがよっぽど辛かったんだな~
(きちんとお金は払っているのが救い)

矛盾した状況で葛藤があるからこそ
お酒を飲み過ぎてしまうのだろうから、
気を遣っていることを自覚すれば
こんなに心身に負担をかけずに済むかも?


そして今回まざまざと実感したのが
母に対する並々ならぬ気遣い。
口調はフランクだし
言いたいことを言っているつもりだけれど
母を傷つけないよう
自分のすべてを曝け出さないよう
細心の注意を払っているのだと思う。

それは、わたしが勝手にしていることで、
わたしがタブーとしていることを
もし口に出したとしても、
実際の母はなんとも思わないかもしれない。

母本人も、祖母や妹や父に対して
これと同じことをしていると思う。
(すくなくともその愚痴は聞かされている)
もしかしたら、わたしにも?
なんて窮屈な家族関係!!


自分が意識することで
すべてが変わっていくのなら、
もっと心地よい関係を目指せるはず。
まだ間に合う。
最初の一歩は"自分の平和"
みんなの平和につながるように☆


« 酔って記憶を失くすということ | トップページ | 2008年-ボディ編- »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
私も記憶が飛ぶ人なので、とても興味深く読ませて頂きました。
確かに年齢を重ねるごとに、昔よりその頻度は少なくなってきましたが、
たま~にやってしまいます^^;
去年の前半が、とても精神的に追い込まれた時期だったせいか、
それほど量いってなくても記憶をなくしたことがあり、怖かったです。
普段自分を抑えている人ほどその傾向がみられるような気がします。
最近は、開き直りでもなく投げやりでもなく、わりかし素の自分を出しているのでか、いい感じで飲めています~。
でも、気をつけようと思いますw

keko555さま

はじめまして!コメントありがとうございます(^^)
わたしは自意識をゆるめたり無心になったりが
下手なので、お酒に頼ってしまうのだろうと
思っています。いつも誰とでも素でいられるのが
ベストとわかってはいても、なかなか…
まずは飾らない自分を容認することからでしょうか;;

ブログ拝見しましたら、お酒や過食やスピ関係など、
勝手に親近感を抱いてしまいました♪
またあそびに伺います!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21960/43586224

この記事へのトラックバック一覧です: 酔って記憶を失くすということ、その2:

« 酔って記憶を失くすということ | トップページ | 2008年-ボディ編- »

カテゴリー

無料ブログはココログ

占い by いとうより