« 怒りは許しポイント | トップページ | ブッシュフラワーレメディ »

人の振り見て我が振り直せず

“他人は自分の鏡” というのは
最近の心理学やスピリチュアルで
よく語られるルール。

この場合の他人には
親、友人、恋人はもちろん
電車で乗り合わせた人だとか
街中で目に付いた人も含まれる。

たまたま行き会った道端の喧嘩も
自分自身のなにかしらの
葛藤の表れかもしれないということ。

その“なにかしら”は
思い当たらないことも多いのだけれど、

逆を言えば、
すてきだなあと感じる人も
自分の一面と言えるわけで、

アンテナにひっかかったら
ひとまず、自分のことを客観視する
きっかけにすればいいように思う。


イヤだなと思ったら自己反省
イイなと思ったら自己肯定
できないときは、放置。先送り。


会社勤めしていた頃
のらくらペースに執心する人
権力にへつらう人
なんでも自慢につなげる人
誰も彼もが、鏡に映った自分かと思うと
ほんとうに心からうんざりした。

見るに耐えないならいっそ
離れてしまうのもアリ。

学びの機会を逸したとしても
きっとまたいつか
形を変えてでもやってくるはず。

そう思っているのに

まだ、どこかでひっかかっている。
気付くべきことに気付かないまま
ただ逃げ出した気がしている。


わからないことを
わからないままにしておく
勇気が足りないのだ。


わからない自分
直せない自分
歯がゆくても
それが精一杯

鏡に囲まれて見えてくる
等身大の自分は
思いのほか情けない

もっと上手に割り切れるように
なにごとも練習、かな。


« 怒りは許しポイント | トップページ | ブッシュフラワーレメディ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21960/44475841

この記事へのトラックバック一覧です: 人の振り見て我が振り直せず:

« 怒りは許しポイント | トップページ | ブッシュフラワーレメディ »

カテゴリー

無料ブログはココログ

占い by いとうより