« なにも起きないということ | トップページ | 飲酒に対する罪悪感 »

記憶の謎

例によって実家にて
たんまり酒を飲みくだを巻き

二日酔いで起きた朝、
自宅に帰ったところから
ぱったりさっぱり
記憶が無いとわかったものの、
さすがに慣れてきて(笑)
たいして気にも留めなかったが

オットが何気なく
「さみしかったの?
 大泣きしてたけど。」
と言うのでびっくり。
まーったく覚えていない!
理由も思い当たらない。

こじつけるならば
お酒の力を借りて
親に言いたい放題言えて、
インチャイが開放感に
浸っていたのかな~と。
どんだけ甘え足りないんだ?
けっこう我侭させて
もらってきたと思うんだけど。

なにか学び取るべきことは
あるかなあと考えてみても、
あまりピンとこない。
“自分を許す”練習?

こういうときこそ
カードを引いてみよう。

3.GUILT 罪悪感
次のステップに進む恐れから
過去に生きてしまう

親に対する罪悪感
期待に応えられていないこと
大丈夫なフリ、強気なフリで
安心させたい…

長年築いて、抱えてきた、
ステレオタイプな“長女”を
卒業する時期がきている。
そういうことなのかも。

わたし自身が今の状況に
満足していたとしても、
親は満足じゃないかもしれない。
でも、それは親本人の問題だ。
そこに罪悪感を感じる必要は無い。

他人の心配していないで
自分のことに集中するべし。


« なにも起きないということ | トップページ | 飲酒に対する罪悪感 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21960/44373348

この記事へのトラックバック一覧です: 記憶の謎:

« なにも起きないということ | トップページ | 飲酒に対する罪悪感 »

カテゴリー

無料ブログはココログ

占い by いとうより