« 反省して後悔せず | トップページ | こんな瞑想もアリ »

自分を受け入れるアファメーション

関西の「ブログでファンを作る講座」にて
ぷちみるくさんが神懸り的に作成されたというアファメーションです。

newmoon

このまま、今のままでいいのかな?と思っているあなたへ

毎日、楽しく過ごしてはいるけれどどこかで不安を感じているあなた。
そう、誰だってみんな何かしら悩んだりもするし、得意なこと、不得意なことそれぞれあります。

でも今は解決できないことがいつのまにかあっさりと解決したり、宇宙に委ねてしまえばとてもラクになります。必ず解決するのですから。

こうでなければならないなどはすべて自分自身の思い込みで、その思い込みをはずすだけで心も体もラクになります。

今すべきこと、やりたいことに全力投球していれば、「あっ!」て気がついたら成長しているものなのです。

せっかくの人生、一瞬一瞬を精一杯生きていたら奇跡が起こります!
今までも何度もあったように・・・

「感謝の気持ちを忘れないこと」、そうすれば自分ひとりでは解決できないことがあっても、まわりが、そして宇宙が必ず助けてくれます。
 
いろんな人と「思い」「出来事」をシェアすること、どんどん自分の思い込みがはずれたり、解決策がみつかります!
自分では思いつかないようなコト、答えを持ってきてくれるのですから。

大丈夫。日々を大切に生きてください。
その日々の積み重ねがあなたの望んでいる未来へとつながるのです。
 
自分は、「これが好き・得意」と思うことをどんどんしてください。
したいことをどんどんしてください。トライしてください。

不安、苦しいときこそ、自分をいたわってあげてください。
休んだってかまわないのです。立ち止まってもよいのです。
「それでいいんだよ」って認めてあげてください。

私はあなたの味方です。どんな時もあなたの味方です。
 
すべては「あるがまま」であること。安心してください。

理想の生活スタイルで生きていいのです。
もう人にだまされたり、支払いをきちんとしてもらえなかったり、体力的にキツイこと、時間の制約・・もう我慢しなくてもよいのです。
きちんと断ってよいのです。楽しみながら収入を得てよいのです。

自分らしいあなたにこそ、応援してくれる人が集まるのです。

自分を信じてください。そしてまわりを信じてください。

newmoon

アファメーション効果は
新月に入った瞬間から48時間以内
(できれば8時間以内)
今回は24日 11時34分まで。

downwardright

昨晩から、な~んだかタイミングがちぐはぐ…
あそこなら、と向かった店に食べたいものがなく、
ここだ!と決めた店はオーダーストップ2分後、
腹ペコで帰路についたら特急を逃した。
今日は、簡単に済むと思っていた作業に
とんでもなく手間取りミッションクリアできず、
たった10分だからとトイレを先延ばしにして
ホームに行ったら電車が遅れて15分待ち、
対面販売で鶏肉を包んでもらったあとに
おいしそうなサワラを見つける。とか。

心もどよ~んとして
ため息つきまくっている。
あちこちでカードをひくと
「自己受容」と「不安を手放す」が続出。
新月前とあきらかに違う…
ホルモンバランスも切り替わった感じ。

そんなタイミングで
上記のアファメーションを見つけました。

 こうでなければならないという思い込みをはずす。
 今すべきこと、やりたいことに全力投球する。
 感謝の気持ちを忘れないこと。
 いろんな人と「思い」「出来事」をシェアすること。
 「これが好き・得意」と思うことをどんどんやる。

自分への感謝が足りていない。
オットへも、周囲へも、足りていない。
あるのは、失うことへの恐れ。

わたしはなににしがみついているんだろう。

こんなサービスがあったらいいのでは?と
思いつくことはいくつもあるのに
そこから進めないでいる。

右足の親指の付け根が痛いのは
自分らしい仕事へ踏み出すことへの恐れかな。
活元運動が効いているのかも?

あしたはなにも予定のない日。
すてきな女性が薦めてくれた本
恐怖なしに生きる」を読み進めよう。
気長に向き合おう。

« 反省して後悔せず | トップページ | こんな瞑想もアリ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21960/45724577

この記事へのトラックバック一覧です: 自分を受け入れるアファメーション:

« 反省して後悔せず | トップページ | こんな瞑想もアリ »

カテゴリー

無料ブログはココログ

占い by いとうより