« 自分vs.思考の癖 | トップページ | 「子」役からの脱却 »

他力本願

 こんなに気を遣っているのだから
 相手も気を遣ってくれて当然だ。
 周りから大事にされて当然だ。
 なんでやってくれないんだろう?

わたしの中にある期待。
いつもいつも
わたしは期待してきた。

わたしは大事にされたいがために
誰もを大事にしようとしている…

いつも見返りを期待している…

あああああ自己嫌悪!


 自分は精一杯やっているのだから
 うまくいかないことは
 全部、他人の努力が足りないせい。
 わたしへの気遣いが足りないせい。

頑張っても頑張っても報われない。
そう感じている。
だからわたしは疲れ果てる。

そういうカラクリだったんだ。


以前うけたチャネリングに拠ると
この他力本願志向は
わたしの魂が
何代にもわたって続けていることらしい。

今世で、手放せるのだろうか。

時空を超えて繰り返されるしんどさ。
しかし、自殺したことはないらしい。

いまを生きるわたしは、戦えるんだろうか。

それとも、逃げ続けるんだろうか。

飽きることなく繰り返すプロセス。

陰極まって陽と転ず。

もう極まっただろうか?
まだまだ甘いだろうか?

…ほら、他力本願だ。

誰かが、何かが、転じてくれると思っている。
苦しみに耐えることだけが自分の仕事だと。


対戦相手を抱きしめるには
ロープにもたれるのをやめて
独り、リング中央へ進まなくちゃ

でも歩き方がわからない。
足もなんだか頼りない。

ああ、先が思いやられる…


かめおかゆみこさんのメルマガ
「今日のフォーカスチェンジ」
タイムリーなアドバイス発見。

○『できない』は、エネルギーをうばう。
 「できない」事実を、引き寄せている
○まずは、「できる!」と宣言してしまうこと。
 「できる!…ようになるといいなあ」
 「できる!…ようになるかもしれない」
 「できる!…ようになってもいいかも」
 「できる!…ようになってきたかも」
 「できる!…ときもあるかも」
 「できる!…!」
◎裏技(かめわざ)
 ちからのかぎり、大声で、「できない!」と叫ぶ。
 できないという気持ちを、300%、解放してやる

http://plaza.rakuten.co.jp/kamewasa/diary/200911090000/


そうだ。
鬱積したエネルギーの解放。
これをまずやろう。

わたしはいつも億劫がって
暴飲暴食でごまかそうとしては
胃が荒れて追い詰められる。
今まさしくそんな状態。

ひさしぶりにジョギングするか
ひとりカラオケフリータイムか
いや、それでは先延ばしだ。
今から腕立て伏せでもやるか?

うううううめんどくさい。
たのしくない。

おお。たのしむことも、忘れているなあ。

なにがたのしいのかも、分からないや。

まいったなあ。

« 自分vs.思考の癖 | トップページ | 「子」役からの脱却 »

みえないもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21960/46724459

この記事へのトラックバック一覧です: 他力本願:

« 自分vs.思考の癖 | トップページ | 「子」役からの脱却 »

カテゴリー

無料ブログはココログ

占い by いとうより