« 苦痛ジャンキー | トップページ | 経過予想 »

甘いものと自己憐憫

この数日、舌が荒れていて
甘いものを食べたくて
お酒を飲みたくて
きちんとした食事をしたくなくて
つまり、退廃モード。

カラオケで発散したり
好きなだけ飲み食いしたり
OHカードで自己探求したり
いろいろ試して、浮き沈みはするけれど
気づくと真っ暗な海底に戻っている。

いつもなら気にならないこと
嬉しいはずのこと
張り切るようなことを
なんだか億劫に感じたり
ものすごくイラついたりして、苦しい。

こういうときに限って、そういうことが続く。

うんうん唸っていたら
とつぜん、ふわり、ぱらりと光が舞い込んだ。
それはいつか自分が投げかけておいた
目覚まし時計みたいなもの。
忘れていた希望。

そうしたら、暗闇がいっそう暗くなって
希望のなさが際立って
誰も助けてくれない、と腹が立って
悔しくて寂しくて大声で泣いたら
キーワードがみえた!

「不安」

どうやらわたしは、不安だったようなのだ。

先月なかば 「なんのための自分?」で

しっかり自立できるまで
退屈や不安に克てるまで
定期的な勤め仕事は就きたくない。
きっとまた、同じように疲れてしまう。
お休み中のFXもそのままにしておく。

なににたよらずとも
しあわせを感じられるまで。

などと書いて
舌の根も…筆の先も?乾かぬうちに
まんまとFXをはじめて、また失敗し、
まんまと仕事をみつけてしまい、応募し、

まんまと不安に陥っているわけなのだ。

そして、そんな自分が可哀想でならなくて
あまやかしたくて、甘いものを欲していた。

嫌な出来事ばかりが続いたり
バカみたいに不安が現実化していたから、
「なにか気づいていないことがあるはず」
「でも、なんだろう?」と思っていたのだけれど

なるほど、この不安に気づくためだったのか。

気が抜けた。

しかし、ここで終わってはだめなんだ。
今回は、ここで終わらせない。

わたしはもっと安心して生きていきたい。

起こるかもしれない事象
感じるかもしれない感情
さまざまな可能性に、怯えすぎることなく
自分の処理能力を、過信することもなく

その時々の最善を選べるようになりたい。

訓練あるのみ、だろうか…。

« 苦痛ジャンキー | トップページ | 経過予想 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21960/46971586

この記事へのトラックバック一覧です: 甘いものと自己憐憫:

« 苦痛ジャンキー | トップページ | 経過予想 »

カテゴリー

無料ブログはココログ

占い by いとうより