« わたしが一番欲しかったもの | トップページ | 安心を感じるための不安 »

ちきゅぼー。

※2010年3月開催予定

今年4月
清水の舞台から飛び降りる気持ちで参加して
絶望から這い上がる力を得ることになった
合宿ワークショップ・地球防衛軍(略してちきゅぼー)

シリーズ第2弾が、今月末 2010年3月 に茨城県で開催されます。

3/20-22【茨城県御前山】
大真面目に人と向き合い語り合う3日間
http://comfaci.com/25/20100320/

今回はネイティブアメリカンの知恵を
体感するワークがあるとのことで
かなりたのしみ。

紹介割引がありますので、
もしこれを読んで参加される方がいらっしゃったら、
申込みの際に「くじらの紹介」と書いてください。

検討されている方の参考までに、
わたしの感想アンケートをシェアします。

-------
地球防衛軍結成式ワークショップ in 北海道
(略して”ちきゅぼー”)
-地球のためにできること・自分のためにできること-
http://comfaci.com/04/090417vivalavida/

1.『参加前に』
ためらったこと・想像していたこと
期待していたこと・告知文で気になったこと

告知文の【こんな方のために】があまりにも
自分に当てはまっていたので、気にはなっていたものの、
わたしの自己投資としてはかなり大きい額だったため、
だいぶ躊躇しました。

開催2週間前に、主催の珠帆さんと直接話す機会があり、
そのとき、他人に嗤われるとばかり思っていた
自分の「理想」や「希望」は、
胸を張って話してもいいことなのかもしれない。
そして、ちきゅぼーに参加したら、
それを分かち合える人がいるのかもしれない。
すくなくとも、否定はされないのかもしれない。と感じ、
その可能性はわたしにとって、抗いがたく魅力的で、
いてもたってもいられず、参加申込みしました。


2.『参加後』の感想
どういった体験ができたか?
どういった変化が自分に起きたか?
どういった気づきが自分にあったか?

合宿という閉ざされた空間で、
ひたすら対話を重ねるうちに信頼関係ができていき、
自己開示に対する恐怖を乗り越えられたことは、
貴重な体験でした。

わたしが得た気づき、学び
・自分や、誰かの、体験や感情や見解はすべて
 隠すべきものでも否定すべきものではない
・相容れない反対意見も元をたどれば
 「より良くしたい」という共通の願いに端を発している
これらは一部でしかありませんが、
信頼できる仲間と触れ合ったからこそ、
心から実感できたのだと思っています。

そして、告知文そのままに
「これから俺たち地球防衛軍だからがんばろうな!」と
みんなでハグしあうことができて、すごーく幸せでした。


3.『今、現在実感できる』
(目に見えること・内的なこと・生活・仕事などで)
ちきゅぼー体験によりもたらされたもの
ちきゅぼー体験をきっかけに起きた変化など

自分をとりまく世界(人、物、状況など)に対する信頼感。
のちのち、徐々に、自分自身を信頼できるようになってきました。

それから、プロセスワークの骨組みを
知ることが出来たので、
事象に対する見方・視点を増やしやすくなりました。

いままで結果だけ知っていたもの、
たとえば「すべてに意味がある」ということを、
自分の現実レベルで理解できる瞬間があり、
その背景には、プロセスワークや
ちきゅぼーの体験があるような気がします。

« わたしが一番欲しかったもの | トップページ | 安心を感じるための不安 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21960/47027039

この記事へのトラックバック一覧です: ちきゅぼー。:

« わたしが一番欲しかったもの | トップページ | 安心を感じるための不安 »

カテゴリー

無料ブログはココログ

占い by いとうより