« 流れるままに | トップページ | 「生きててごめんなさい。」 »

達成感ジャンキー、卒業

わたしの夢は
スキーで、コブ斜面をまっすぐ、
躊躇なく、リズミカルに、自在に、
滑り降りること。

そんな風に
コブ斜面を滑り降りるコツは、
足首と膝と腰と心をやわらかくして
高低差と衝撃を吸収したらすぐに解放して
肝を据えて、スピードを恐れずに
一期一会の瞬間をたのしむこと。

そんな風に
瞬間的に動くために一番必要なのは
筋力でも、体力でもなくて、
出来る。と信じる気持ち。

だいぶ分かっているつもりだけれど
身体はなかなか、言うことをきかない。

恐怖のあまり力みすぎて
コブにはじきかえされて
ひっくり返ったら
きれいな青空が見える。
一面にひろがる青と白のコントラスト。

それもまた、いいじゃないか。

出来ないことは
出来ないままでも
出来ないなりに、たのしいじゃないか。

出来ないことを
出来るようになりたくて
ずいぶんいろいろと頑張ってきて
おかげでいろいろと出来るようになった。
そろそろ、いいじゃないか。

もう十分やってきたよ。

出来ないこと
やりたくないことは
やらなくてもいいことなんだって
決めちゃおう。

気が向いたときだけ
それがたのしいと思えるときだけ
自分を奮い立たせればいい。

努力とか、頑張りとかは、
レクリエーションでしかない。
義務ではないんだ。

15年近く前に義務教育を終えてからも、
ずっと、ずっと、ハードルを設置してきた。
他に方法を知らなかった。
しあわせになる、唯一の方法だと思っていた。

義務感や、達成感を満たしたい気持ちでやっても、
たのしくないはないのに。心地よくもないのに。

イマより大切なときが、どこにあるっていうんだ?

生きるのが嫌になるくらい
自分を追い詰めて、どうなるっていうんだ?

行き止まりにきたら
壁を壊すか、登るか、他の道を探すか
とにかく動きまくってきたけれど

ちょっとやすんでみよう。

誰か通りかかるかもしれない。
壁が取り壊されるかもしれない。
実はドアがついているのかもしれない。
なにも起こらないかもしれない。

そんなことは、知ったことではない。

動きたくないから、やすむのだ。
それでいいことにしようじゃないか。

卒業に、かなしみは付き物だ。

« 流れるままに | トップページ | 「生きててごめんなさい。」 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21960/47350595

この記事へのトラックバック一覧です: 達成感ジャンキー、卒業:

« 流れるままに | トップページ | 「生きててごめんなさい。」 »

カテゴリー

無料ブログはココログ

占い by いとうより