« チベット体操とソウルアルケミーエッセンス | トップページ | 働くこと/いまのはなし »

働くこと/過去のはなし

いわゆるサラリーマンだった頃、
自分の中に仕事モードというのがあった。

感情を完全にシャットアウトして
合理的に効率的に頭を働かせ実行する。

仕事をしているときと
飲み会などでの雰囲気が
あまりに違うので、
職場が変わるたびに、必ず驚かれた。

いまでもときどき
そのスイッチが入ることがある。
ロボットみたいな自分に
自分でびっくりする。


仕事モードだと
気持ちがしゃきっとして、
物事がどんどん片付いていって、
デキル自分を味わえて、
周囲の評価もとても高い。

そのモードで取り組むことが
社会人として期待されるところだ、
義務ですらある。
そう思い込んでいた。

ストレスやトラブルは避けようがないものだから
それらがうまれない方法や状況に
変えていけばいいと信じていた。

どんどん編み出す改善案や解決策を
認めて、賛成して、応援してくれる人がいる一方で
口では同意しながら動こうとしない人々もいて

彼らの向上心のなさだとか
自分に権限がないことを嘆いたり

権威的な上司に反発したり

いつでも、誰とでも、渡り合えるくらい
自分は正しい!と言えるように
ガチガチに理論武装していた。

・・・なんて痛々しいんだろう。

そんなことを何年も続けていれば
どうしたって、精神的に疲弊する。

聞きかじりのスピ系情報に依存して
腹の立つ相手を頭ごなしに許そうとしたり
(おかしな表現だけれど、こういう感じだったとおもう)

ホ・オポノポノでクリーニングすれば
思惑通りに事が運ぶんじゃないかと考えたり

そんな無駄なあがきも空しく
わたしは仕事に行けなくなった。

心を奮い立たせていつも通りに
自分のやり方を遂行しようとしても、
それをやれない・やりたくない自分に
だんだん、かてなくなってしまい

かといって、
仕事中にぼーっとしていることも
仕事を休んでぼーっとしていることも
どちらも、ひどくつらかった。

そんな自分をゆるせなかった。

遅刻欠勤ばかりでも
どんなにぐうたらしていても
重用してくれる人だとか
気遣ってくれる人もいたのに

あまえることができなかった。


スキルや能力を役立てたい。
100%活かしたいという気持ちが
ずっと、空回りしていたように思う。

どうしたらそういう理想的な環境に
身をおけるのだろうと、転々として

アルバイトでは無理だとわかり

派遣でも無理だと感じ

正社員でも、やっぱり、実現できなかった。

そして、サラリーマンでは無理なのだと
結論をくださざるを得なくなったのが
2009年の暮れのこと。


こうやって書いてみると
なんて馬鹿なことをやっているんだろうと
おかしくなってしまう。

だけど、いつも、いつだって、
一生懸命だった。

だから、どうか、ゆるしてね。

« チベット体操とソウルアルケミーエッセンス | トップページ | 働くこと/いまのはなし »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21960/47522910

この記事へのトラックバック一覧です: 働くこと/過去のはなし:

« チベット体操とソウルアルケミーエッセンス | トップページ | 働くこと/いまのはなし »

カテゴリー

無料ブログはココログ

占い by いとうより