« プレイバックシアター | トップページ | 究極論 »

purifying

自分自身の、思考に偏りがちなパターンを
なんとか脱却したくなり、先月、
ヒマラヤンフラワーエンハンサー「ニジャラ」を
摂ってみようかなあと考えついた。

存在自体はだいぶ前から知っていた、
強力な、「パターンを手放す」エッセンス。

それで、ショップサイトをみたり、
経験談をきいたり読んだりしていたら、
「グラガ」もいいかなあとか
女性性関係の
パシフィックエッセンス「シャクティ」とか
フィンドホーン「エロス」も
あったら心強いなあなどと迷ってしまい

ひとまず、家にあった
オーストラリア・ブッシュ
「ピュリファイング(浄化)」の
トリートメントボトルをつくって
飲み始めて8日ほど経過。

感情面で疲弊している状態、
妨げられているように感じている状態、
情緒的な問題を抱えている状態に。
解放感、安堵感を得て、心が大掃除され、
ネガティブなエネルギーが浄化されます。

ということなのだけれど、
主な変化は、夢に現れている感じ。

亡くなった祖父がでてきたり

現実とおもうほどリアルだったり

マトモに勤められなくなって
追い出されるように去った職場の同僚と
近況報告や思い出話をしたり

母の最期を冷静に看取ったり
(前にみたときは取り乱していた)

虫を吐き出したり
(たぶん不要な過去の感情の象徴)

演劇ワークショップの合宿に参加したり

距離をおいている友人と
対等な気持ちで意見交換したり

・・・印象的な夢を、たくさんみる。


そのおかげなのか、
心を閉ざして働いていたときのことを
心を開いた状態で他人に話しても
涙ぐまなくなった。

見当違いな自己責任論に毒されて
助けを求められない自分に気づいた。

気乗りしないままやっている
好きではない作業が
いつもの50倍くらい辛かった。

何度も目にしている葛藤が、
両親のあいだにあるそれと
そっくりだということに、気づいた。

子供の頃から苦手としている
状況において、どう振舞うのか、
あらためて考える機会がやってきた。


これは、インナーチャイルドや
バーストラウマに働きかけるという
古珀術を受けたことも
影響しているかもしれない。


その葛藤を前に
無力な自分で居続けるのか?
自分はなにを望んでいるのか?

苦手なことを、これからも
同じようにやり続けていくのか?
回避してやり過ごしていくのか?


わたしの歩むべき道を覆っていた
硬くしまった残雪のところどころが
ゆるんだり、ひびが入ったり、
それをすこしずつシャベルで
除けていくような作業。
道幅や路面を確かめながら
やすみやすみ、えっちらおっちら
前を見てさくさく歩けるように。

立春まであと2日。
わたしの春もそう遠くない、か?

« プレイバックシアター | トップページ | 究極論 »

みえないもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21960/47400687

この記事へのトラックバック一覧です: purifying:

« プレイバックシアター | トップページ | 究極論 »

カテゴリー

無料ブログはココログ

占い by いとうより