« 怒りの有効活用 | トップページ | 今回は落胆。つれづれ。 »

長年の症状を読み解く

前々記事の続き

胃炎はホメオパシーのレメディで
だいぶ落ち着いて小康状態になった。
途端に、調子に乗って
甘いお菓子を食べたり
発泡酒を飲んだりしている。
まるで自分いじめ。

今回の症状に適応するものを探していて
行き当たったレメディは
「カーボベジ」
・疲れ切ってまったく動けない
・消化不良、疝痛は胸から腹へ
・血の循環が悪い
・過去の完治していない病
・刺激物を欲する

リーディングできる人から
「魂が疲れきっている」と
言われたことがある。
魂だか心だかなんだかわからないが
いろいろなことに絶望して、
あきらめていて、
無気力だったとは思う。

わたしが暴飲暴食したり
胃痛に怯えながら飲酒したり
時に煙草を必要としたりするのは
疲れ果てている自分に
ムチうつためだったのかもしれない。

この半年ほど依存症のように
アルコールを摂取していたのが、
先月末からぱったりと
飲まなくてもいられるようになっている。
この数ヶ月、細々と利用していた煙草も、
徐々に興味がなくなった。

合宿セミナーで踏み出した1歩が
じわじわと拡がっているのだろうか。


ホメオパシー的見解からすると、
"じめじめした屈辱的な感情の抑圧"が
元にあるという水虫には
「スタッフサグリア」
・怒り、傷つきを抑えている
・屈辱のあと
・無礼さに敏感
・膀胱炎
・疝痛、吐き気
・皮膚

そういえば
水虫、胃炎、冷え性と同時期に
膀胱炎もやっているのだった。

傷ついたプライドと被害者意識は、
母方女系が過去3~4代にわたって
抱えてきたものだとも思う。

水虫は誰にでもうつるわけではない
との見解もみつけた。
古い体験談より引用)
 水虫にかかる素因をもっていなければ、
 染らないと思いますし、素因をもっていれば、
 染った方がよいという考えもあります。

水虫やカンジダなどの菌繁殖系は
血液の問題であり、
砂糖の害が大いに影響しているそうだ。
自分を甘やかしたい気持ちの表れが
甘いものへの欲求だろうから、
つまり、自分を許せていないということだ。

甘いものへの執着や
消化器の弱さ、自信のなさには
「ライコポディアム」も適合する。


これらのレメディの手持ちは
いずれも一時対応用の30Cで、
自己流でリピートするだけでは
長年の症状が消滅する可能性は低いだろうから、
数年前に買って放置してあった
セットレメディを試してみる予定。

毒出しになるというこんにゃく湿布や、
白砂糖の完全断ちも3日くらいならば
試してみようかと考えている。


心と身体の両面からケアすることで、
自己肯定感も育ちやすくなるだろう。

そうして、しなやかですこやかな
生き方になっていけたら、と思う。

« 怒りの有効活用 | トップページ | 今回は落胆。つれづれ。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

なんと!!
くじらさんも水虫に注目していたんですね!私も季節の変わり目は白癬菌にやられ、
カンジタでかゆくなってしまいます。
それから、私爪水虫かもしれない・・・
というのを最近気づいて、
軽くショックを受けていました。
爪水虫っぽい部分だけ、この間爪がはがれて、
もうそのまま治っていってほしいわ(T_T)/~~~

こうなったら、白癬菌撲滅キャンペーンじゃ!!

と、ホメオパシーの白癬菌のセットを
使用している真っ只中です。

共に白癬菌、根気強く治していきましょう☆

>よりちゃん
仲間がいて心強い!
妊婦さんはけっこう、かかりやすいらしいですね。
ホメオパシーはサマーAセットかなあ?
わたしの手元にあるのはFNGセットっていうやつ。
すでにカタログには載っていないので
詳細不明だけど、たぶん菌や薬害系です。
お互い、身体のサイン受け取りながら
快適な方向に進んでいきましょうぞー。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21960/48665516

この記事へのトラックバック一覧です: 長年の症状を読み解く:

« 怒りの有効活用 | トップページ | 今回は落胆。つれづれ。 »

カテゴリー

無料ブログはココログ

占い by いとうより