« 満月パワー? | トップページ | ゆるしを請うための »

我慢する楽しみ

今月にはいって
パートが軌道に乗り始めて
生活サイクルが変わりつつあって
いろいろと、いつも通りにいかない。

オットとの歯車が狂ったまま
排卵期は過ぎて
すぐにがつんと胸が張って
その後徐々におさまりながらも
まだすこし張っているかんじ。

リセット1週間前から張るのが
最近の傾向だったのに。

そして、ばったり眠りにつくまで
お酒を飲み続ける日が多かった。

さすがに体が疲れたのか
昨日、先輩として慕っている人から
お酒について苦言をもらう夢をみて

そろそろ、我慢するたのしみもいいかもな

と、ふっと思い。
早速実行してみたのだけれど

夜中になったらやっぱり
「暇つぶし」に飲みたくなっちゃって
おいしくいただいております。

だって、このクラッカーと一緒に
ビール(発泡酒)飲んだらおいしそうで…。
(ほんとにおいしい)


お酒を我慢しない、というのを
ずいぶんと楽しんできたな、と思う。

仕事をやめて
家にいる時間が増えて

明け方だろうと
寝起きだろうと
昼下がりだろうと
料理中だろうと
顔が赤白マダラだろうと
時、ところ、かまわずに
好きなだけ飲むことを
自分にゆるしてきた。

 誰かに会う用事やバイトがあるときや
 運転するときは飲みませんが。

酔っているから、用事は先延ばし
飲んでしまったから、買い物はパス
酔っ払いだから、失敗もサボりもOK

お酒を理由に
いろんなことを
自分にゆるしてきた。

だけど
そろそろ、分かってきたんだ。
お酒がなくても
ゆるしていいって。

ゆるされるって。

緊張がゆるむ感じとか
現実把握がぼんやりする感じが好きで
お酒のせいであれば、その状態を
責められないという安心感があって
醒めるのが嫌で、
飲み始めたら止められなかったけど

もうそろそろ、
うすぼんやりした、のろまな自分のまま
ゆるゆる生きても、いいと思うんだ。
シラフでも。


お酒にはいろんな効果がある。
リラックスしたり
罪悪感を助長したり
料理をおいしくしたり
身体に負担をかけることで
エネルギーを消耗したり

好きなだけ、
なんでも、
とにかく酔っていられれば!

という風に飲んでいると
お酒のいいところが見えなくなる。
もったいない。

たとえば料理している間は
「いまつくっているこれと一緒に
 あれを飲んだら、おいしいだろうなあ」って
期待することで、より味わうことができるはず。

我慢することで、たのしみ度を高める。
もちろん無理はしないけれど

どんなに期待しても
酒の味はだいたい裏切らないし。
財布にも身体にもやさしい。

お酒と、もうちょっと、丁寧に付き合おう。

そんなことを思う十五夜でした。

« 満月パワー? | トップページ | ゆるしを請うための »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21960/49532827

この記事へのトラックバック一覧です: 我慢する楽しみ:

« 満月パワー? | トップページ | ゆるしを請うための »

カテゴリー

無料ブログはココログ

占い by いとうより