« ゆるしを請うための | トップページ | 排卵と分泌 »

決める。

子どもを産もう。

先日、そう決めた。

やけに新鮮な気持ちになったのが
自分でおかしくもあり
不思議でもあり。

さんざん
子どもが欲しいと願って
あれやこれや取り組んできて

なにを今更、なのだけれど

真剣に、妊娠に取り組もうと思う。

「さずかったらいいな」とか
「自然にタイミングがあったら」とか
「夫婦2人なら、それでも、まあ」
なんていう
弱腰はもうおしまいにする。


そう決めた翌日から
とつぜん酒量が増えて
びっくりした。

「決める」ことの重さ
無意識に自分に課した
プレッシャーがわかって

無理矢理、なにがなんでも
ということではなくて
出来ることをやらない、のは
やめようというだけ。と
自分に言いきかせた。

それから、ひさしぶりに
ソウルアルケミーエッセンスを摂ってみた。

レメディセットも摂り始めた。
5年以上前に買ってから
そして今年7月あたりに
試してみようと思ってから
なぜか手をつけられずにいた
ホメジャのFNGセット(廃番)。


ぐずぐずしてしまうのは
願いがかなわなかったときの
想定外のことが起きたときの
痛手がこわいから。
自分を守ろうとするから。

だけど、もう、先回りはやめる。
未来の自分はきっと
どんな荒波もくぐり抜けられると
信じることにする。
すくなくとも妊娠に関しては。

だって
どんなに怖くても
それでもやっぱり
わたしは子どもを産んでみたいんだ。
母親になってみたいんだ。

なにをどうしたって、
どんなに誤魔化してみたって、
この気持ちは消えなかった。
逃げられないんだ。


だから
覚悟を決めた。

川の流れるままではなく
ぐっと足腰に力をいれて
自分の力で舵をとるよ。

うまいこといかなくても
川の流れのせいにはしない。

わたしはわたしの
未確定の未来を引き受けるよ。

« ゆるしを請うための | トップページ | 排卵と分泌 »

コウノトリ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
ブログ読ませていただきました。
そして、私も妊娠についてもっと深くがんばろうと思ったんです。
なんでしょう?力を分けてもらった気がしまうす。
勝手ですが…
妊娠したい☆ではなく、妊娠する!!!って。

>niji さん
うれしいコメント、ありがとうございます☆
わたしは「決めた」とおもってはじめて
自分がいままで「決めていなかった」ことに気づきました。
ぐっとはらに力がはいるような心地よい緊張感を
たのしみながら、のんびり、いきましょう~。

こちらのブログがとても気になり、良い報告が無いものかと、時々覗かせて頂いておりました。
あなたは、本当に頭の良い方で、文章を書く能力がすばらしいと思います。 それも有り、プロの作家さんが書かれる様な文章なので、本当に面白く拝見させて頂けるのかと思います。
私には、全く文才もなく、お恥ずかしいです。

いつも拝見させて頂いていて、言いたかった事は、赤ちゃんを産むのは、頭じゃなくって、体なのにな、
頭でばっかり考えて悩んでいるより、行動をすた方が良いと思います。 
それは、婦人科の病院へいく事です。案外と早い解決になるのではと、いつも思っています。 
決断をしたのなら、気が変わらない内にどうぞ、踏み込んで下さい。  私は医者ではありませんが、不妊の経験者で、周りの経験者からの話と比較して、ブログの内容からだと、AIHでいけそうな感じがするのですけど。
(良く知らないあなたを、傷をつける様な事を言っていたらごめんなさい。)
決断したのなら、東洋医学がてっとり早いですよ。
ソウルアルケミーエッセンス?よりも、基礎体温をつける事じゃないかな?
自分も含め、不妊外来に通い、AHIで妊娠する女性は自分の周りには本当に多かったです。 
それまで、もやもやと悩んでいた自分が本当にばからしく思えました。
すでに、経験済みであれば、許して下さい。
ホルモン治療も同時に行う訳ですが、気持ちが悪くなるのはいなめません。 それも、つわりにくらべたら、大した事が無いものです。
それに耐えられなければ、陣痛など到底無理な痛みですよ。生むと決めたら、善はいそげ!です。
特に女性の年齢は、待ってくれません。
頑張れ~、辛いけどがんばれ~。
きっと、可愛い我が子を抱く日がきますよ。

本当に、勝手な事を言ってごめんなさい。
くじらさんに、赤ちゃんが出来ると良いな~といつも思っています。

  

(;;;´Д`)ごめんなさい、西洋医学でした

>nonさん
応援してくださってうれしいです。
親身なアドバイスをたくさん、ありがとうございました♪

婦人科に行くかどうかは
この決意をしたとき、頭をよぎりましたし
nonさんのコメントを読んで
あらためて自分を見直してみましたが
やっぱり行かないつもりでいます。

いちばんシンプルな気持ちとして
どうしても「不妊治療は嫌い」なのです。
そこは、子どもを授かるためといえども
譲りたくないと思っています。

このことについては、まだまだ、書きたいので
近々あらためて、記事にしようと思います。

本当に上手く書けないですが、
良かったです。

私は、くじらさんの素敵な考えと文才に惹きつけれらているひとりの読者です。

くじらさんは決して弱い方ではない自信のある方なのです。 
十人十色。自分の心地よい方向に寄り道しながら遠足を楽しみましょうね。 ありがとうございました。

>nonさん
以前のわたしでしたら、nonさんのコメントにお返事するまでに
1週間くらいかかってしまったかもしれないなあと、思います。
紆余曲折ありなあら、ここまできたなあ…と
なんだか感慨深いです。

遠足って、目的地に着くことよりも
それまでの道中がたのしかったりしますね。
自信をもちつつ、頑固にはならないよう、心がけながら
これからものんびり行きます。

今回、自分たちはどうしたいのか?
改めて考える機会をいただけて、よかったです。
ありがとうございました

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 決める。:

« ゆるしを請うための | トップページ | 排卵と分泌 »

カテゴリー

無料ブログはココログ