« 排卵と分泌 | トップページ | 甘やかしと自信育て »

可能性を恐れない

子どもを産もうと決めたので
生活の中でおざなりにしがちだった
夫婦の営みなるものも
あらためて見直した。

わたしもオットもあいかわらず
不妊治療をするつもりはない。

不妊治療をしない理由
の記事で書いように
西洋医学も、東洋医学も、自然療法も、
妊娠に関して「絶対」はないからだ。

事実わたしの身近には
何度もトライしながら授からずに
あきらめることになった夫婦が何組かいる。

そのときはきっと
相当辛かったのだろうと思うけれど、
その後の暮らしぶりは
「子どもがいないからこその幸福」を
あますところなく享受しているようにみえる。

子どもがいるからこその幸せがあれば
当然、いないからこその幸せが

子どもがいるからこそ分かること、
できる事があるならば
いないからこそ分かること、できる事がある。

そのことを体現している
先輩夫婦たちの存在のおかげで、
わたしは
「子どもを授からない」可能性を
恐れないでいられる。
希望をもっていられる。

いずれにしても
いまのわたしには分からないのだ。
「子どものいる幸せ」も
「いないからこその幸せ」も。
分かるのは、いま、幸せかどうか。


わたしとオットにとって
わが子を腕に抱く未来というのは
あらゆる手を尽くして
なんとしてでも
努力に努力を重ねて
手に入れたいものでは、ない。

めんどくさいから、とか
お金をかけたくない、とか
そういう理由で治療しなかったことを
悔いる日もくるかもしれないけれど

わたしの中でなにより大事なのは
いまこの時を心地よく過ごすこと。

あるかないか分からない
「未来の後悔」のために、
心を殺してがんばることは、したくない。

それを基準に
自分で決めた範囲の内で
精一杯やっていく。

その結果がどうなろうとも
その責任はわたしが引き受ける。
それだけのことだ。

« 排卵と分泌 | トップページ | 甘やかしと自信育て »

コウノトリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 可能性を恐れない:

« 排卵と分泌 | トップページ | 甘やかしと自信育て »

カテゴリー

無料ブログはココログ