« 3/23)社会に対する責任も、解放! | トップページ | 3/27)可能性のかけらたち。そのうしろに »

3/26)原発はわたしのなかにもある。

2011年03月26日23:42の
mixi日記を転記

-----
わたしは、いろいろなものを、置き換えて考えてみるのが好きだ。

そうすると、いろんなことが理解しやすくなる。

今日、はじめて参加したドラムサークルで
つながりを感じながら思いきりリズムに身をゆだね自由に生み出し
一緒に参加した友達とお昼を食べながら、散歩しながら、お茶しながら
たくさんたくさんお喋りして、おもいついた構図

原発は、恐れだ。
自然に対する畏怖。
未知に対する恐怖。
それを、「経済」や「効率」をエサに、抑え込んでいる。
大戦に負けた、原子力に負けた、その悔しさが、裏目に出ている。
コントロールできると、コントロールできなければダメなんだと、思い込んでいる。

おもうに、日本人は古来もっとおおらかだったのではないか。
そうでなければ地震と火山のちいさな島に、住み続けることは難しかったはずだ。
コンクリでも石造りでもない、しなやかで燃えやすい木造の家に住む人たちは
もっと、自然の揺りかごに身をまかせるのが、上手かったのではないか。
大洋に面した地域では、どんなに面倒でも
「ふるくからの言い伝え」を守って高台に住んでいたのではないか。

「経済成長」という夢を追い続けて、地面をコンクリで固め、
コンクリの家を建て、海辺でも足らなくて埋め立てまでして、
持ち前の誠実さを、神経質なまでの正確さに変えて、
世界の中で浮かないように挙動に細心の注意を払い続け…
がっちがちに張り詰めながら
「世界」に認めてもらいたかった、見返したかった、日本。

鎖国していた江戸時代が、母の胎内にいた頃とすると
明治、大正と成長して
反抗期になった昭和初期、経済重視の力比べに負けるという洗礼をうけ
躍起になって24時間働き続ける社会人になり
たまに勇気を出して自分らしさを表出させると叩かれ
いまは、そうだなあ、ストレス性胃炎で苦しんでる感じか。
もしくは、定年退職直前でリストラに遭ったとか。

そして

① 世界各国 - 日本 
② 日本国民 - 原発
③ 旧式日本社会 - わたし

これらは相似形になってる。

時として

④ わたし - オット

というのも。

左側の存在は、「経済」「効率」「歴史」「見識」を理由に、右を抑え込む。
右側が本来もっている「感性」「直感」「しがらみのなさ」からくるエネルギーは、対抗する術がない。

そんな図式。

でもね
わたしはもう手放したいんだよ。
やりたいことをやりたいときにやりたいように、やってもいいんだって、信じたいんだ。
それで大丈夫だって、信じたいんだ。

誰かに認めてもらう必要なんてない。
意味や価値なんて無くていい。
ただ、わたしはわたしのままに生きたい。
それだけがヨロコビだから。

ここからどう生きるのか
わたしたちはいつだって選べる。

わたしたちが、選べる。

核融合自体は単なるエネルギーで、副産物が怖いっていう話ならば
ただ沈静化させる以外のみちも、あると思う。
飼いならすのではなく、うまく昇華するみちが、あると思う。

原発を発電以外につかえないのかな?
日本人そういうの得意じゃないか。じつはもう誰かアイデアもってるんじゃない?
パンのなかに餡をいれたみたいに、2日目の肉じゃがをカレーにするみたいに、
斬新かつおいしいアレンジ。あるんじゃないかなあ…

「放射能物質自体がヤバい」とか「処理できない」とか、
そういう前提を見直すところからやったらいいのかなと思って。
甘いことを言ってるのはわかってる。でも、可能性ゼロだと言い切りたくない。

忌避し続けるのは無理だと思ってる。
だとしたら、忌避しないで済む方法を考える方がいいかなって。
そしてきっと、日本人はそれを見つけられる。

放射性物質を「害」とみなして忌避しながらも
無毒に、いや、有益にするみちも、探していけると思う。

世界には69億もの人がいるんだから、
誰かひとりくらい、素晴らしいアイデアを生み出すんじゃないか?
それを実現できる人、手伝える人、支援する人、みーんな揃ってるんじゃないか?
そんな夢を描いて、信じてる。
わたしは信じる。

「どうなるかわからない」ということは
「どうにかなるかもしれない」ということ。

怯えて立ちすくんでたら、いつまでも怖いだけだ。

なんにもみえない不確かさは
なんにも決まってない自由だと
読み替えることが出来たひとから

どんな未来が心地良いか、感じ取って、そちらへ1歩踏み出そう。

たとえば、仕方なくでも流されてでもなく、節電するとかね。
たとえば、ただ受身でいるのではなく、感じたことを発信してみるとかね。

そして身近な人を
友人を、家庭を、親族を、地域を巻き込もう。

いまの日本をひとりで引っ張れるリーダーはどこにもいない。
だったら、スイミー作戦でいこう。
無数のリーダーたちがつながれば、きっと、乗り切れる。

日本の人たちには、それが出来るって、わたしは確信してる。

Lovely x2 way, Can't see the way?
夜が深く長い時を越え
今日のわたしは夢と希望に満ちている。

この世界のラブリーっぷりに、めろめろになっている。

Life is the show time!!!

« 3/23)社会に対する責任も、解放! | トップページ | 3/27)可能性のかけらたち。そのうしろに »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21960/51279684

この記事へのトラックバック一覧です: 3/26)原発はわたしのなかにもある。:

« 3/23)社会に対する責任も、解放! | トップページ | 3/27)可能性のかけらたち。そのうしろに »

カテゴリー

無料ブログはココログ

占い by いとうより