« 3/26)原発はわたしのなかにもある。 | トップページ | 3/27)いいとか、わるいとか、もうたくさん! »

3/27)可能性のかけらたち。そのうしろに

2011年03月27日11:19の
mixi日記を転記

-----

昨日はとても満ち足りた気持ちで過ごした。

わたしのなかで
恐怖が可能性に変わった。

高濃度の放射性物質が検出されても
政府が後手後手でもたついていても
休止中だった浜岡原発を動かすと知っても
べつに気にならない。

すべての可能性はいつもひらかれていて、
わたしたちにはいつでもなんだって選べる自由がある。

そういうニュートラルなところからみたら
原発も放射性物質も、良いものでも悪いものでもないので
停めても、停めなくても、だいじょうぶだと思った。

わたしの志向としては、原発は使わないで暮らせるのが好ましいから、
停止の署名もするし、電気は必要を見直しながら最低限しか使わないし、
自然エネルギーを応援する。
わたしの志向に沿う未来がやってくるように、選べるものを選ぶ。

世界はいつだって常識破りだ。
世紀の大発見が繰り返されてここまできたのだ。
だとしたら希望を
「無理」だとか「有害」だとか過去の見識からくる「常識」ではない
まだ形になっていない可能性があると、信じる。

そう決めたら
目に入ってくる情報が、ぐんと変わった。

★【チェルノブイリで、放射能を食べる菌を発見】http://bit.ly/fbzqpN

「人智を超えた地球の自己治癒&再生力」という煽り文句がついてるけど
この菌は、放射能で元気になるだけで、放射能を吸収分解するわけではない。
mixiボイスにこのニュースを書いたあとセラピスト・ふたこわたるさんに指摘されるまで、
この「まやかし」を見過ごしていた。あぶないあぶない。
その点は注意しなくちゃならないけれど、
放射能を「害」どころか「プラスエネルギー」とする菌がうまれているっていうのは
やっぱり朗報だと思う。それこそ、いまわたしが見出したい可能性。


★TERVE !! : 被災地の赤ちゃんたちに届け!! http://htn.to/aW6Nd3

フィンランドにはお湯の要らない紙パックミルクが売られている。
そのメーカーの関連企業が日本にもあるから、被災地に届けてくれないかなあ。
だれかその企業に働きかけて!
というRTがまわってきたのは、地震の数日後だったと思う。
その後、フィンランドの日本人ママたちが自分で動いてくれていたようで、
フィンランドから「お湯不要ミルク」を発送し、日本国内での受け入れ先と配送手段まで
きっちり整え、ちゃくちゃくと進んでいたということを、今朝、知った。ブラボー!

アイデアを言ったあと
でも自分は無力だし、などと投げ出さないで
ただ信じて待つのではなくて
たとえ一部分でも自力で実現する手段があるなら、動く。
これ、きっとひとりだと難しい。
くじけやすいし、情報を得る範囲はちいさいし、
ひとりに与えられている時間と気力体力と能力には限界がある。
でも、仲間がいれば。
足し算ではない。
掛け算で拡がり、進んでいく。


★公務員宿舎など4万戸無償提供

これも今朝、目に入ったニュース。
我が家の近くに、半年くらい前に閉鎖した国所有の公務員住宅が3棟と集会所がある。
こういうのを被災者向け住宅にすればいいのに。と、わたしがtwitterに書いたのも地震の数日後。
近所の住宅が活用される対象かどうかは分からないけれど、近い形で実現。
これは至極常識的な展開ではあるので、驚くほどのことではないが、ちょっとうれしい。


★ネイティブアメリカンの言葉(@Native_Spirits)
「知識ではなく、知恵を追い求めよ。知識は過去のものであり、知恵は未来のものである」---ランビー

昨日おもいついて、twitterに書いたこと。

いま決死の覚悟で原発を冷やしているのは、爆発を防ぐため?再臨界を防ぐため?
もし「次の事態」を防ぐためではなく、5手くらい先の事態が起きること、
その後始末をすることを覚悟したら、もっと違うやり方があるんでは?

理論上、第3格納器は再臨界に耐えられるんだよね。それを試すわけにはいかないの?
それを実現してしまうと、人が住めない地域は、島国日本にはおさまらないのかな?
日本在住者は故郷を捨てる覚悟で他国に受け入れてもらうとかさ。


わたしの中に芽生えた可能性は、その時点で、世界の可能性だ。
シロウトの突拍子もない、夢みたいなアイデアを言葉にするのは、すこし、勇気がいる。
否定されるかもしれない、拒絶されるかもしれない…そんな恐怖に足がすくむときは
自分のなかにとどめているだけでも構わない。
それでも、それは、無いことにはならない。なんらかの形で響いていくだろう。
だけど、外にだせば、もっと響きやすい。
みずから1歩踏み出す方法だって、見つけられるかもしれない。

わたしには知恵がある。
わたしたちはみんな誰しも知恵をもっている。
常識を破ろう。

そんなわけでわたしは希望で爛々としているのであるが
ひとつ気がかりが。
わたしのうしろの部屋で
昨日の朝からオットが寝続けているのである。


(つづく・・・)

« 3/26)原発はわたしのなかにもある。 | トップページ | 3/27)いいとか、わるいとか、もうたくさん! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21960/51279716

この記事へのトラックバック一覧です: 3/27)可能性のかけらたち。そのうしろに:

« 3/26)原発はわたしのなかにもある。 | トップページ | 3/27)いいとか、わるいとか、もうたくさん! »

カテゴリー

無料ブログはココログ

占い by いとうより