« 3/29)閉ざしたくなったら | トップページ | まとめ)311のあとの日々 »

遅刻に関する考察

最近また、時間の約束を
守れないことが増えている。困る。
これまでにもう何度も何度も
原因やら対策やら考えてきたけれど
昨晩から、また、つらつらと
mixiボイスに書いていた。

そうしたら
いろんな人がコメントをくれて
追い風も逆風もあって

おかげで
自分ひとりではみえないもの
辿り着けないところまで
行けたかもしれない。

出てきたキーワード:
 「過去への反発」
 「時間は有限」
 「死生観」
 「怒りのエネルギー」
 「男性性」

結論:
 自分を生き切る。

経緯:
 以下、自分のコメントを抜粋。

時間の約束を守るのがいまだに苦手。あまったれてるなー。約束は守ることが前提になってる。守れないのは、自分を裏切ること。守れないなら、しないほうがいい。
わたしは時間を守るのが苦手だ。っていう言い訳に、逃げすぎてた。そうだとしても、それでも、約束を守る努力はしなくちゃ。

いままでに何度も探ってきて、守ってる「なにか」もいくつかアタリがついて、だいぶマシになってきてもいるんだけど、どうもまだ核心じゃないんだよなあ。。。このタイミングで顕著になってるということは、男性性方面か。。。

時間を守ると、失われてしまうもの: 思いつき(インスピレーション)、注目、あとなんだっけな。

時間軸に反発してる感じがあるんだ。時間なんかに負けるもんか!と自己主張したいような。時間そのものと仲良くできてない。つまり、「有限」という概念と、折り合いがついてない。ってことか?

ポイントは「反発」かなー。時間を気にしているときって、ほんと受身で被害者。自分軸じゃなくなってる。そういう状態を選んでいるのも、また、自分なのにね。

自分のこだわりや思いつきを優先して、約束の時間に遅れて、結果的に相手も遅れてきたとか、そのほうが都合がよかったなんてことがあると「勝った!」と思ってる、気がする。わたしはなにと勝負してるんだ?

待つのは別に気にならない。どーしても急ぐ理由があるときは、自分だけ先に動いちゃうし。ああでも、待ち合わせ場所が自宅だったら、落ち着かない気持ちではいるかもしれない。あとどれくらい、自分の時間の持分があるかなあって。持ち分。これもキーワードっぽい

「待たされてる人がイライラする、不信感を抱く、時間を無駄だと思う、楽しみにしてなかったのか、なにかあったのかとかんぐる」などについては、相手の受け取り方であって、わたしがあれこれ考えても仕方ないと思ってる。
時間通りであればよけいな詮索をされにくいだろうことは分かるが、それを理由に自分を律することは、わたしは出来ない、っていうか、たぶん、したくない。

約束に遅れることを悪いと思っていると、決まりが悪くて遅刻連絡を入れるのを躊躇したりする。目的は「遅れること」ではなかったのだ。約束と、それ以外のことと、どっちが大事とかでもない。単なる「変更希望」であるのに「時間は取り返しがつかない」という概念に、やられてしまう。

相手の時間を奪っていること、自分(の時間)を軽視してること、それは分かる。でも、それはモチベーションにならない。時間の貴重さが分からないんだと思う。
死生観とリンクしてる気がしてきた。

「約束をした時点の自分」にしばられたくないと、「いま現在の自分」が反抗している感じもある。
抗議したいだけであって、ほんとうに他のナニカをしたいわけじゃあない。
あ、そっか、過去の自分のせいにしてるわけね、いまそのときに「息苦しい思い」でいることを。おまえのせいで、こんな思いしてるんじゃー!って怒ってる。

間に合わないかも?と思った瞬間に、スイッチがはいる。おまえなんかに負けるもんかって気持ち。わたしはいまのほうが大事だもんって開き直ったり。わたしはきっと、過去というものを軽んじている。

「過去」をみとめる。「過去」を取り込んで、手放す。これがうまく出来るようになると、きっと、いろんなことが解れていく。遅刻癖も、片付けられない荷物も、彼女との関係も。もしかすると、原発問題も。

社会人失格なのはわかってるんです。知ってるの。どれだけ迷惑をかけてきたことか。どれだけ自分の首をしめてきたことか。それでもやっぱい出来ないで、ここまできてるんです。だからこうして考えてる。
「出来ない」は甘えなのも、わかってる。だってわたしは甘えたいんです。わたしのままでいたいの。無理やり動きたくない。無理やりじゃなく、約束を守ることが出来るようになりたい。そういうわたしで在りたい。

「どうせわたしはダメ人間ですから」って言い訳して、なにかから逃げてるのかな、と思ったことがあるな。でも、その「なにか」がどうもすっきり見えてこないんだよね、おなじく。。。エネルギーの法則からいくと、本来エネルギーを使いたいものが「なにか」なのか。。。だよなあ。。。

怒りのエネルギーを、怒りとして使えていない。ここもたぶん、ポイント。
時間をしっかり守れる人というのは、どちらかといえば男性性寄りな、いまの社会に適応できているという感じ。怒りを推進力にしていける人たち。

「時間を守ることが大切」っていう日本社会の無意識に対して、反発してる側面も、あるな。で。おそらく、きっちりエネルギー使い切ってるときは、そんなところに余力がいかないから、時間通りかどうかなんてどうでもよくて、結果的に間に合っちゃったり、なんとかなったり、するんだろうな。

« 3/29)閉ざしたくなったら | トップページ | まとめ)311のあとの日々 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21960/51279304

この記事へのトラックバック一覧です: 遅刻に関する考察:

« 3/29)閉ざしたくなったら | トップページ | まとめ)311のあとの日々 »

カテゴリー

無料ブログはココログ

占い by いとうより