« 好き好んでダメモード中 | トップページ | 青写真を視てもらった。 »

分離をゆるす

先週のこと。
おともだちが紹介していたブログに


そしてわたしがあなたに対して厳しかったり
苦しめいているように見えたら
慈悲がないように見えるときこそ

あなた自身が注意してください。

その思い、
一瞬であなたを分離させます。

あなたを愛から遠ざけるものはあなた一人。
そのことを
くれぐれもお忘れにならないように祈ります。

http://ameblo.jp/tasomaru/entry-10942898180.html


ってあった。

すべてに心底同意するわけじゃないんだけど
眠くて夢うつつ状態のわたしに響いてくるものがあって

愛を感じられず、恨んでしまうようなときは、分離しているとき。

っていうのはつまり

いま
生きてきてよかった、とは思うけれど
生まれてよかった、とは思えない自分のことかなあ、と。

でもさ、もう、言ってもいいんじゃないかなあって、思ったんだ。
スタートがあったから、これまでがある。
これまでがOKと言えるなら、
スタートしたこともOKと言っていいんじゃないか。
わたしを、送り出してくれた存在たち。
わたしに生をゆるし、機会を与え、切り離し、
送り出してくれた存在たちがいる。

いつだって、のこる方が、さみしい。
旅立つ方は、元気で暢気だ。

分離をかなしむのではなく、分離をうらむのではなく、
いつかの統合までのわずかな時間だとしても
そのことを嘆くのではなく、
ただ、与えられた時間を、得た時間を、
わたしはもっともっと味わっていい。
さみしさに途方に暮れるより、
もっともっと貪欲に、生を生きろ。
置いてきたことを、離脱を望んだことを、そんな自分をゆるそう。
ゆるされている自分を、認めよう。
わたしはゆるされている。

与えてくれるものを、正面から受け取らないことで、
わたしはなにかから逃げてきた。
心配という名の愛や、お金という名の愛や、生というギフト。
わたしは受け取るに値しないと、言い訳してきた。
腰掛けだから、すぐにいくから、って。

そんな先のこと、どうでもいい。
いま、いまこのときだけを、もっとつよくふかく、全身で、交歓する。
それだけでいいんだよ。
わたしは、もっとつよくふかく、いまここにコミットしていこう。
この人生にコミットしよう。

わたしをゆるそう。

そう思った、7月5日。

« 好き好んでダメモード中 | トップページ | 青写真を視てもらった。 »

みえないもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21960/52160006

この記事へのトラックバック一覧です: 分離をゆるす:

« 好き好んでダメモード中 | トップページ | 青写真を視てもらった。 »

カテゴリー

無料ブログはココログ

占い by いとうより