« 甘えスイッチ | トップページ | さみしさと退屈の処方箋 »

さみしさ、というもの

わーっとたのしい気持ちがきて
満ち足りたあとには
静けさがやってくる。
潮がひいたあとのように
そこにあったもの、なくなったものを、かなしむ気持ち。

ハートはいちいちパニックになるのかもしれない。
あれ、しあわせってなんだっけ?
あれらがなくなったいま、わたしは欠けてるんじゃないの?って。

満たさなくちゃって焦ったり
満たそうとしない自分を責めたり
満たされない環境を恨んだり

満たされている状態を求めるということは
なにかを欲するということは
いまここの自分は「満たされていない」と定義すること。
「満たされよう」と力むこと。

コントロールを手放し
いまここにあるものに視点を戻す
それだけで、また、しずかな世界が拡がる。
可能性に満ちたゆたかな世界。

ゆっくりと呼吸する。

なにひとつこの手の中にとどめておけないからこそ
すべての瞬間がいとおしいのだと
思い出す。
何度でも。

« 甘えスイッチ | トップページ | さみしさと退屈の処方箋 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21960/53026830

この記事へのトラックバック一覧です: さみしさ、というもの:

« 甘えスイッチ | トップページ | さみしさと退屈の処方箋 »

カテゴリー

無料ブログはココログ

占い by いとうより