« さみしさ、というもの | トップページ | ★世界の一部 »

さみしさと退屈の処方箋

さみしさと退屈は似ている。

どちらも「無い」ことにフォーカスしている。

大好きなあのひとが
自分を必要としてくれない

誰も自分のことなど
思い出さない、気にかけない

メランコリーのなかに
たたずんでいるとき
世界はおそろしく冷酷で
あらゆるものが背をそむけ
すべてに見離されたかのようで
光を見失い
力を失い
ただじっと救いを待つ。
待ちながらまた、孤独を深める。

唯一絶対の力を放棄している。

わたしの世界が動かないのは
わたしが自分を信じられないのは
わたしが身体に意識をやらないから
わたしが身体を動かさないから。
それだけのこと。

61. 引き延ばすこと(OSHO禅タロット)
引き延ばすことは、たんにばかげている。
明日になった ところで、あなたはまた決心しなければならなくなるのだ。
明日になったら今日よりも自分は賢くなっていると思うかね?
明日の方が今日よりも活き活きしていると思うかね?
明日の方が、あなたは年をとっている。あなたの勇気 はなくなっている。
明日の方が、あなたは経験を積み、 もっとずる賢くなっている。
明日の方が、死はより近づい ている
――あなたは迷い始め、もっと怖くなるだろう。

ものごとを引き延ばして得られる 唯一の結果は、
未完成で「行き詰まっている」という、
鈍く憂欝な、今日の感じでしかありません。
あなたの今の動きを妨げて いる心の迷いをすべて脇に置きさえすれば、
安堵と広がりが感じられ、なぜ自分はこんなに長い間待っていたのか
不思議に思うでしょう。


無いものねだりするより
目の前の皿を洗うほうが
よほどすこやかだ。

身体はいつも共に在る。

答はいつもそこに在る。

« さみしさ、というもの | トップページ | ★世界の一部 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

こんばんは♪
3記事を一気にアップされたんですね。
どの記事も、そうだなぁーと考えさせられる内容でした。

わたしの世界が動かないのは
わたしが自分を信じられないのは
わたしが身体に意識をやらないから
わたしが身体を動かさないから。
それだけのこと。

そうなんですよね。
無精者の私は読んでてドキドキしましたcoldsweats01heart02

> kokage_zzz さん
こんにちは~♪
3記事どれも、先月なかばに大元があって
推敲までしてあったのですが
データを外に置いてきてしまって・・・
更新が遅れました。

ログ、と銘打ったことですし(?)
ほかで書いたものを、まとめてアップするパターン
増えるかもしれません。

このあたりの記事は
わたし自身がもう、しょっちゅう、
孤独やさみしさや退屈のワナにはまるので
自分のための備忘録だったりします。

自分をしあわせにすること
怠らないでいたいものです。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21960/53146379

この記事へのトラックバック一覧です: さみしさと退屈の処方箋:

« さみしさ、というもの | トップページ | ★世界の一部 »

カテゴリー

無料ブログはココログ

占い by いとうより