« グラウンディング・コーチたち | トップページ | 頑固な人を見かけたら »

少年性と、かくれんぼ

「瞬間の衝動に従って行動する。」

「あるがままの自分を表現する。」

ということが
こどもの専売特許
あるいは
こどもっぽさ、未成熟
とみなされることの多い
いまの日本社会


あたらしいものに飛びつく
やったことのないことは、やってみる
モラルよりマナーより良心の疼きより
おもしろそうならそれがすべて

やれば怒られることは十分に予想できても
あえてそのことは予想しないか
予想など無視する。反発する。

あとで怒られるとしても
そのときたのしければOK。

やりたくないことは
やりたくないと言う

やりたくないと言うからには
埋め合わせをしようとか
せめて最低限のことはやろうなんて
みずから負担を課したりしない

立場も
前提も
背景も
未来の安全も
なんにも言い訳にしないで動く、潔さ。


バイトで中学生男子と接するうちにみえてきた
少年性 とよばれるであろう質は
それに翻弄される大人側である
わたしのなかにも、まぎれもなくあって
それを発揮して生きたいと願ってさえいて

同時に
安全確保しておきたい
未熟だと後ろ指さされないよう予防線を張って
反響がこないように、影響を与えないように
息をひそめていたい怖がりでやさしい
オトナな自分もいる。

そして
すべてが最善だとしっている
絶対的な信頼感をもつ自分もいる。


そうしたさまざまな自分の声に
気がついていながら
少年性を生きる勇気をもっていること
生きていくこと

それが、わたしのやりたいこと。

動けば、響く
それだけがわたしがここに居る証
わたしがここで感じたいものなんだ。


うまれる響きそのものに
良いも悪いもなく
傷も痛みも幻想だとわかっていても

どうにかして避けようとする習慣から
なかなか脱せないけれど

なにとも響かないように
なるべくちいさく隠れては
「孤独」に囚われる遊びはおしまい。


鬼につかまっても
いつまでも鬼を交代できなくても
鬼と笑われても

どれもこれも
息をころしてかくれていては
あじわえないことばかりだから

衝動のままに
わたしは物陰から飛び出すんだ。

« グラウンディング・コーチたち | トップページ | 頑固な人を見かけたら »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。メールさせてもらいましたユニコと申します。
初めてコメントさせてもらいます。
この日記の内容はまさに私の今年のメインテーマでした。
私は少女の方かもしれませんが、純粋さを大事に、人の目気にせず隠さないでいこうと。
私も姪と関わる中で子供のキラキラさが素敵すぎて改めて思った次第です。
隠しててなんになるんだ?って。
くじらさんの日記は思ってたことが綺麗な言葉でまとめられていて、本当にはっとさせられます。

>ユニコさま
ありがとうございます☆
気に入っていただけてうれしいですconfident

コメントいただいて、少年性とおなじくらい
少女性も大事にしようって、思いました。
きらきらしたものが大好きな
きらきらした乙女な自分を
作為的にじゃなくて、自然に出していけたら
自分にも周りにも笑顔が増えそうshine

どうせ鬼ごっこするなら
手つなぎ鬼がいいな~♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21960/53728262

この記事へのトラックバック一覧です: 少年性と、かくれんぼ:

« グラウンディング・コーチたち | トップページ | 頑固な人を見かけたら »

カテゴリー

無料ブログはココログ

占い by いとうより