« くじらチャンネル、はじめました。 | トップページ | わたしが考えるワケ、その2 »

わたしが考えるワケ、その1

わたしは、考えるのが好きだ。

・・・ほんとに好きなのか?
実はよくわからない。
わからないけど
わたしにとって
「物事」や「自分」を俯瞰し分析するのは
ごくごく自然なことで

身の回りの出来事や、自分のちょっとした選択の
理由やきっかけや目的やなんかについて
あれこれ考えたこと思いついたことをつれづれに話したり書いたりすると
「普通はそんな風に(複雑に)(深刻に)考えないもんだよ」
と驚きつつ呆れられたりする。

この数年…うん本当に、この数年になってやっと
どうやらそんな風に思考をめぐらせる人ばかりではないらしいどころか
どっちかっていうとわたしが珍しい人のようだ。
というのを、認識しつつあって
またそれについてわたしは理由を探るのだけど(笑)

わたしの長年の(笑)探求によれば
どんなことも理由がひとつなんてことはなくて
わたしがあれこれ考えるワケもたくさんあって

たとえば

・自分の時間がいっぱいある
・気力体力エネルギーがあまってる
・身体を動かすよりアタマを動かすほうがラク
     ⇒よーするに「元気でヒマ」

・納得したがり
・負けず嫌い
・すべて解き明かせると信じてる

さらに仮説では

・もってうまれた資質
・生まれてじきに母親と意思疎通ができないことに絶望し(笑)
 なんとしても「自分を伝えるんだ!わかってもらうんだ!」と意気込み
 あらゆる角度深度を知れば、
 どこかのチャンネルでは通じるだろう!と思い込み(笑)
 がんばって習得してきたスキル

などが、いまわたしにみえているもの。

アタマに余裕があれば瞬時に
あれこれ分析し始めてしまう「自分」という人間を
わたし自身がどう思っているかというと

面白がってるところもあれば
めんどくさいやつだなあと思うこともあるし、
やりすぎて疲れきってた時代もあったから
深追いしないで流せるならラクだろうなあ…と思うこともある。

ちょっとした出来事から、ああもう地球は終わりなんだとか
超絶望的なところまで考えが発展して行き詰る時代も長かった。
わたしの場合、自分のなかで考えが飛躍する感覚はなくて
自力で地道に順を追ってそこへたどりついてしまうので
にっちもさっちも行かなくなるのだ。
こうで、こうで、こうで、ということはこういうことだから、
となるともうやっぱり結論はこれしかないでしょう!と
みずからがんじがらめになる頃には、助けを求める気力もない。

そんな暗黒時代を乗り越えて
明るい未来をみられるようになったのは
心理学だったり
いわゆるスピリチュアルだったり
あれこれかじってみたおかげかもしれない。

いろんな分野の
いろんな【見方】【考え方】【見出された法則】を
知識として取り込んで
現実に当てはめて検証する。
思考するだけでなく、現実生活で実践をしてみる。
おお、なるほどね!たしかにね!とか
ああ、あれと同じことね!と思えるまでやる。
かなりしつこい。
あきらめがわるい。
いまも、いくつかは、検証中だと思う。(自分でも把握できない)

続く。

« くじらチャンネル、はじめました。 | トップページ | わたしが考えるワケ、その2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21960/55217267

この記事へのトラックバック一覧です: わたしが考えるワケ、その1:

« くじらチャンネル、はじめました。 | トップページ | わたしが考えるワケ、その2 »

カテゴリー

無料ブログはココログ

占い by いとうより