« ★Be kind yourself~風の日~ | トップページ | 留まるだけが継続ではない »

土星と社会性

石井ゆかりさんの今日の占い(8/21)
今日明日で、過去1ヶ月くらいの経緯について、なにかしら「仕上げる」ことがあるかも。
とあったのをきっかけに
つらつらと考えていたら
あっちこっちからヒントがやってきた。

そのなかで、10月のイングレスを控えた
土星の動きが顕著だったので、メモがてら。


2~3年周期で動く土星は
いま、わたしのASCである天秤座にいる。

今日あした、その天秤座に
土星・火星・月がダンゴになっているとのこと。


http://archive.mag2.com/0000139564/index.html
天秤座のおしまいから蠍座のはじまりのところで「集合」する感じです。
10月の土星の移動は今年の星占い的クライマックスの1つですが、
そのクライマックスを迎えるのがちょうど、このあたりです。
過去2年ちょっとの中で自分が経てきた努力に関する、
「次への扉」が、このあたりにある、と思うと
なんだか、不思議な感じがしますね。

土星が天秤座に入った2010年7月は
画家に転身したオットの初個展に向けて
アメブロをはじめたりして
つまり「画家のツマ」という肩書きを背負った頃で
また、PCサポート業を再開したタイミングでもある。

2009年10月に天秤座に入った土星は、そのあと逆行して、
2010年4月には乙女座に戻り、7月に再入宮しているのだけれど

正社員をやめて、雇用保険もらいながらやっていたバイトを
ちんたら続けてたら、バイクで事故ったのが8月。
某セラピストさんの事務局をやってたのが9~4月。
笑えるほどのリンクしてる。


この2年を振り返ってみれば
みずから背負った「画家のツマ」 という肩書きの
わたしなりの扱い方、距離のとりかたを
試行錯誤していて

そこには
オットとの関係性や
自分の女性性、男性性を
認めて、ゆるすプロセスが含まれていた。

そしてこの1ヶ月は
「パソコンヘルパー」という肩書きで
社会と関わるスタンスを調整しながら

一箇所に留まらない自分の性質を
肯定も否定もしないでいるための
情報収集と、見直しをしてきて

21日の昼間は
今まで持ち得なかった視点に気づいた。


これが仕上げだろうか。
まだ、もう一段階くるだろうか。


土星が蠍座に移るまで、約2ヶ月
なにかまだ、波がきそうな気がしていて
なんだか、落ち着かない。

« ★Be kind yourself~風の日~ | トップページ | 留まるだけが継続ではない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21960/55479717

この記事へのトラックバック一覧です: 土星と社会性:

« ★Be kind yourself~風の日~ | トップページ | 留まるだけが継続ではない »

カテゴリー

無料ブログはココログ

占い by いとうより