« どうせ裏表 | トップページ | 星の動き、日々。 »

水を湛える瓶

水のなか。

瓶のなかの水のなか。

自分を知るために

世界を知るために

やさしいあのひとをそそのかし

ふかくふかく潜るあそび

ウェットな自分

痛み

ずるりずるり、ぽたりぽたり

過ぎ去った出来事を感じるため

自分に引き寄せるため

あいていた瓶のふた

今度はそこから

流すのだ

おわりのない

途絶えることのない

際限のない

水を


あとすこし

傾ける


水がなくなることを

瓶が倒れることを


洪水が起きることを

倒壊が起きることを


おそれていても始まらない。


始まるまで、あとすこし。

« どうせ裏表 | トップページ | 星の動き、日々。 »

みえないもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21960/55781239

この記事へのトラックバック一覧です: 水を湛える瓶:

« どうせ裏表 | トップページ | 星の動き、日々。 »

カテゴリー

無料ブログはココログ

占い by いとうより