« ★たのしいほうへ | トップページ | 遅刻という主張:関わり方のパターン »

生きている限り「大丈夫」は続かない。

おまじないやらなにやらで
カルマだのトラウマだのぜーんぶ消しても
目障りなこと片っ端から浄化して浄化して浄化しても

パターンは身体に染み付いてるから
よっぽど気をつけてないと
するっと戻ってる。

だって身体の担当は
固着によって安全をはかること。

わたしたちは変化をなにより恐れてる。
変化によって味わう未知がこわいから
情報をたくさん集めて、大丈夫の証拠を探す。

身体はそれをやさしく守ってくれる、ひとつのシステム。

そして身体は変わり続ける。
細胞は毎日毎瞬うまれかわる。

繰り返し体感することで
すこしずつすこしずつ適合していく。
パターンが塗り替えられていく。
日々、変わっていく。

昨日の大丈夫が
今日の大丈夫とは限らない。

1時間前と今は、もう、別なのだ。

唯一大丈夫な「大丈夫」があるとすれば
わたしたちは善なる方へ向けて変わり続ける、ということ。

どんなに揺さぶられても
飲み込まれて、前後左右上下わからなくなっても
原因を探して掘り下げても、
しがみついても、ほったらかしても
どうでもいいの。
好きにしていい。

なにをしようとも
わたしたちは
運ばれていくから。

なにをしても自由。

だけどわたしたちは未知がこわい。
寄る辺を求めて今日もさまよう。

それでいい。

大丈夫。

« ★たのしいほうへ | トップページ | 遅刻という主張:関わり方のパターン »

みえないもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21960/55992397

この記事へのトラックバック一覧です: 生きている限り「大丈夫」は続かない。:

« ★たのしいほうへ | トップページ | 遅刻という主張:関わり方のパターン »

カテゴリー

無料ブログはココログ

占い by いとうより