« 「母より幸せ」のカラクリ | トップページ | こんな小春日和の・・・ »

くじらの縁側

母子についての考察(?)を
mixi と アメンバー記事 にはアップしたのだけれど
こちらにもってくる余力のないまま
昨晩の打合せから
よれよれと
つれづれ

宇宙クジラ
ついに
天音らんに
とっつかまり  
みっちり尋問され
とくとくと説教され

・・・・ウソです(笑)
いや、そうね、そういう受け取り方をすることも
出来なくはないかもしれないけれども(爆)

ごめんなさい
みくびってました
てゆーか
勝負になってました
わたしのなかで

それは気づいてたけど
降り方がわからなかったの
ほかにやり方知らないから

わたしね
自分のことは
話せません。

は?
こんだけあちこちにぐだぐだじゃかじゃか書いといて?
会えば延々おしゃべりで日が暮れるくせに?

うん。
相手の話を聴くのは得意なの。
未開の地をならした武勇伝話すのも得意なの。

それ以外は
語る言葉をもちません。

かろうじて
比較対象があれば
そこを足がかりに描いていくことが出来るけれど

わたしの戦車の体についてる装備のこと
停車中の「接近注意」エリアがなんで○mなのか?
そのエリアがほんとうに必要なのか?
みたいなことを
きかれても
自分が戦車であることも
装備をあれこれしてることも
意識しないで暮らしていたから

まるで2歳児の気分。
相手の日本語は理解できるけれど
説明するための言葉がまったく見当たらない。

こ、これは
ワークでも
だんまりか?!

ま、それならそれで・・・

らんちゃんいるし。
いいように、料理してくれるはず。
宇宙クジラのフルコース

なにに怒ってるのか?
なにが欲しいのか?

なにと、なにが、分離してて
なにを、どうしたら、ラクになるのか?

なんてこと
ほんとうはどうでもいいのです。

ほんとうは
言葉で語るなんて
野暮なことはしたくない。

お、エロスっぽいね(笑)  ←ワークテーマ

宇宙クジラは
音波で会話するのかもしれません。

天音らんは
それをキャッチして日本語にできる
希少なひと

ワークのあいだ
わたしはただひたすら
泣いているかもしれないし

ただひたすら
笑っているかもしれないし

いつもどおり
しらーっとしているかも。

なんにしても
らんちゃんは
あきらめてくれない(笑)

「なぁなぁ。あそぼー。おもろいでー」

自分はかならず
通信できると
信じてうたがわない。

つながりを
うたがわない。

招待した覚えがないのに
ちゃっかり縁側にいる。

でも、縁側って本来そういう場所。

そういうことができるようにつくったの。

らんちゃんはぴかぴかとてもきれいに光っているから
いまなら、みんなも迷わず来られるかもしれません。

縁側で、遊べるのかな。

鬼ごっこの次は
なにしよう?

« 「母より幸せ」のカラクリ | トップページ | こんな小春日和の・・・ »

みえないもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21960/56024187

この記事へのトラックバック一覧です: くじらの縁側:

« 「母より幸せ」のカラクリ | トップページ | こんな小春日和の・・・ »

カテゴリー

無料ブログはココログ

占い by いとうより