« うつろいゆくもの | トップページ | ★My name is Woman »

不妊とエロス

明日11月3日午後、いよいよ
セクシュアリティワーク@東京・目黒

直前まで申し込みOKです。
http://form1.fc2.com/form/?id=796115
お祈り枠(遠隔/無料)
http://form1.fc2.com/form/?id=751232

満月の翌日に言語化された
東京ワークのテーマ

「エロス」

きっかけは
不妊治療の話でした。

わたしがPCOS(多嚢胞性卵巣症候群)と
診断されてから、、、もう8年くらい経ったかな。

一通りの検査をして
オットもわたしも自然妊娠できる
可能性はあるとわかり

PCOSには排卵誘発剤などで
ホルモンを調整する治療が
必ずしも有効にはたらかないこと
体外受精(IVF)も絶対ではないこと

なにより、不妊専門クリニックの
沈鬱な空気に耐えられなくて

自己流で体質改善に取り組んだり
(冷え取り、食事療法・・・)
漢方薬を処方してもらったり
ヨガに通ったり

タイミングをとるとか、とらないとか
オットとの関係性にも
ヒビが入ったり、また補強されたり

ずいぶんいろいろあったなあ・・・

わたしがスピリチュアル系の情報に
触れるようになったのも
恩人とよべるほどの
セラピストさん達に出会ったのも
不妊について調べていたのがきっかけ。


不妊(未妊と称した時期もあった)の理由は
身体面、精神面、スピリチュアル面、
いくらでも考えられる。

子宮が緊張してるとか
産み育てる自信がないとか
歴代女性の悲しみを体験するとか

でも、大事なのは、理由よりも
わたしがどうしたいのか?ってこと。

わたしは
したいことを
したいように
していいんだってこと。


らんちゃんのブログ
こうありました。

赤ちゃんの自分まで愛して
赤ちゃんだった頃のように
何の制限もなく自分を開く。

赤ちゃんは元々開いてるの。
そこに「エロス」はない。
「開く」に「エロス」があるんだよ。


開くには
閉じていないと
開けない。

山口百恵さんが
あんなにも人々を惹きつけたのは
閉じると開くの絶妙なバランスだったのかなと
秋桜をうたいながら、考えてました。

みんなに向かって
開いて、開いて、開いて
でも一番大事なところは
きゅーっと閉じていて

いつ開くのか
どんな花が咲くのかと
みんながハラハラ見守っていたそれを

開く、と決めたら
「幸せになります。」と
表舞台を去って、それっきり。

彼女が暮らしているという、国立の
アートイマジンギャラリーで
明日、オットは、ギャラリートークに挑みます。


かつて
傷ついて疲れ果てているヒトを
子宮に抱きかかえたことがある。

そうするしかできなくて。
そうするのが必然で。

だけど
そんな風にしか出来ない自分が
ほんとうに歯がゆかった。

これじゃあ、癒しきれない。

たとえ一時的に癒せたとしても
いつまでもそのままではいられない。

赤ん坊は十月十日過ぎたら
へその緒を切られるのだ。

そこからニンゲンとして生きる
孤独と、自由と、ヨロコビが始まる。

わたしの子宮はひとつしかなくて
ひとりを延々抱え続けるわけにはいかない。

傷ついて、守られたくて、
安心できる居場所を求めて
さまよってるヒトがこんなにもいるのに!


わたしひとりが
先に幸せになるわけには
いかないと

どれだけ
先送りしてきただろう。

右に曲がれば幸せになれるところを
左を選んで、選んで、選んで

行ったことのない場所は怖い
誰もいないかもしれない
自分が消えるかもしれない
なにも出来なくなるかもしれない

わたしには
幸せにしたいヒトが
たくさんたくさんいるのに!

幸せ、そこにあるよって
伝えたいのに

終わっちゃ困るの。
困るんだよ。


ほんとうは
もう限界だってことも
とっくにわかってる。

いままでのやり方では追いつかない。
わたしのやりたいことは出来ない。

わたしが世界を創っているなら
わたしが幸せにならなくちゃ
わたしが守られて安心してなきゃ

みんなが安心できる世界はやってこない。


ひとりで安心してたいわけじゃないの。
みんなで安心していたいの。

必要なものは必死で集めた。
過去現在未来
人々が培ってきた知恵
世界が教えてくれるサイン

みんなを安心させたくて
みんなを安心させられるわたしでいたくて


やれそうなことはだいたいやった。
あと、やっていないのは
「やらない」ということ。

自分の身を守るために
身体で覚えてきた
透明人間になる方法とか
周囲の快適を保つ方法とか

そういうの
ぜんぶ
捨てて

感じるままに動くこと。


イメージのなかの
くじらの縁側に
いるときと同じように

身体をもって
動けたら
そこに
イメージが再現される。

わたしの欲しかった
わたしも、みんなも、安心な場所を
再現できる。


生み出すちから
クリエイティビティ
子宮エネルギー

そこにエロスがあろうとなかろうと

ひらけ、ゴマ。

わたしは欲しいものを創り出す。

もしそれで地球が壊れても
やらないで終わるより、ずっといい。

わたしは、わたしの欲を満たす。


そのために身体をもってここにいる。

この身体はそのためにここにある。

感謝。


« うつろいゆくもの | トップページ | ★My name is Woman »

コウノトリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不妊とエロス:

« うつろいゆくもの | トップページ | ★My name is Woman »

カテゴリー

無料ブログはココログ