« 壮大な失恋悲話の、その先 | トップページ | 月星座を現実に落とし込む »

いろんな見方ができるけど

年内妊娠の夢が潰えました。

基本周期の32日を10日ほど過ぎていたので
ちょびっと、かなり、相当、期待してたのですが
先月末につけたエクステによる
頭皮への刺激が
骨盤に影響してただけ、と思われる。

おととい氣道整体をうけたので
これで4日以内にリセットしなかったら
検査薬つかおう!と決めてました。

いろいろな見方が出来るのはわかってる。
子ども本人のタイミングとか
潜在意識の願望とか
タイミングとか
物理的要素とか

不妊作用があるかもとは知らずに
チコリーコーヒーをたくさん飲んでたとか
急に冬が本格化して身体が冷えていたとか
相変わらず目も肩も酷使してるとか
あの日、ビールを飲まなければ・・・
エクステをつけなければ…
眠気に負けなければ…

際限なく出てくるif
フタをしないで
ぜんぶ出してあげよう。
理屈つけないで
へんに慰めないで
”がっかり”に、ひたろう。

声をあげて
咳き込みながら
オットにもたれかかって泣く
この理由では久方ぶり。

「まだわかんないよ。
 計算したら年内だったかも!って
 来月、言えるかもしれない」

オットの待ち望みっぷりも
日増しに高まっているのに
年明け早々に手術を控えている祖母に
ひ孫という希望をあげたかったのに
両家どちらにとっても初孫の気配と共に
にぎやかに新年を迎えたかったのに

もしほんとうに授かったら
わたしもオットも
変わらざるを得ない。
無事に生まれても生まれなくても
無事に育ってもそうでなくても
いちど存在を知ってしまったら
知らない状態には戻れない。

絵を描きたい、伝えたい、オット
場を創りたい、つながりたい、わたし
それぞれのやりたいことにも
多大な影響を与える。
良くも悪くも。
覚悟なんてない。
一緒に育てばいいと思ってる。

「不妊治療しない」で
検索してこのブログに
きてくれるひとたちや
おそらく長年そっと
見守ってくれている人たちに
自然妊娠できたよって

数十万の治療費や
不妊クリニックの雰囲気や
通院の手間と治療の苦痛を
回避しても大丈夫だったよって
いえる日は、いつなんだ。

今日の夕方に予定していた
同級生たちの集まりはドタキャンした。
今日は、子どもたちも、育児の話も、無理。
悲しい!
悔しい!
ずるい!
なんで?!
悲劇のヒロイン気取りの自分をゆるす。
「最善の未来のためのイマ」なんてプロセス思考も
ポジティブ思考も、引き寄せの法則も、鏡の法則も、お休み。

だいじょうぶ
お正月に美味しい日本酒のめるなあ…って声も
あたまのスミでちらっと聞こえてる(笑)

不妊でも毎日たのしい自分もほんとう。
子どもを望む自分もほんとう。
妊娠出産育児を不安に思うのも
体験してみたい好奇心も
血を、思いを、つなぎたいのも
ぜんぶほんとう。
ぜんぶ「あいしてる」の変化形。

« 壮大な失恋悲話の、その先 | トップページ | 月星座を現実に落とし込む »

コウノトリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いろんな見方ができるけど:

« 壮大な失恋悲話の、その先 | トップページ | 月星座を現実に落とし込む »

カテゴリー

無料ブログはココログ