« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月の記事

ケミナプ。布ナプ。布なし。

新月の3日後
周期32日目でリセットしたので
茶話会でも話題になった
月経血コントロールに、再挑戦。

 2009年2月:リセット中の過ごし方


ここ数年の定番は

 流せるナプキン
 +ハンドタオル(布ナプ代わり)

この組み合わせで
経血コントロールを
意識したり、しなかったり

でも溜まる感覚はないから
出てくるのが分かるだけ。
(つまり、間に合わない)


今回は奈美ちゃん方式のアレンジで

 コットン100%おりものシート
 +ハンドタオル(布ナプ代わり)
 +ちいさく畳んだトイレットペーパー

これが、かなり良かった!

昔の女性が脱脂綿を当てていたように
トイレットペーパーを小さくたたんで当てる。

この、栓をしているような違和感
それ自体がストッパーになって

  子宮と膣奥をゆるめて溜め込みつつ、
  膣口だけ引き上げ栓をする。

という状態を、無意識に保ちやすく
布ナプ(ハンドタオル)の取替えも洗濯も減って
とってもラクでした。


ここ半年くらい
経血が少なめで
今回もそうだったのかもしれません。

「もしや閉経が近い…?」と
気にしていたのだけれど

子宮やホルモン状態が良好になると
経血量は減るとの情報もあり@facebook


生理日数も

いつもは
  3日+数日、少量不定期

今回は
  3日+1.5日で終了。

理想的と言われる4日に限りなく近かったし

垂れ流しにならない環境にすることで
なにより大きな収穫だったのは

なにか、自分の大事なもの
あたたかなエネルギーが
循環しているような
新鮮な感覚。

なんとも言えない豊かさ
女性であることの幸福感が
身体に満ちてくるような・・・


逆に言えば
これまで【生理】は
無作為な重力まかせの自然現象、
自分の意思と連動させることのかなわない、
抗えない、どうしようもない、なすがまま、、、
そういうものだと
「あきらめ」のような感覚で
過ごしていたようです。


吸収体の入った
ケミカルナプキンを使うと
吸収したいモノが控えているがために
逆に経血量が増える。という見解があることも
facebookで知ったのだけれど

いつでも「おもらし」できる状態にあることで
本来は出さなくてもいい経血まで
気前良く、排出してしまっている可能性は
あるかもしれない。

生理の目的は
不要になった子宮内膜の排出であって
経血を大量に出すことではないし、
経血量が少なくて済むほうが
体の負担も、少ないはず。


女性は月経のたびに
生まれ変わることが出来る。

だけじゃなく

どんどんきれいになることも
出来るのかもしれない。


そんなことを体感できたので
いまから次回がたのしみ!

(妊娠したらそれはそれで嬉しい(笑))

しあわせな不妊子宮

2年ぶりに脂取り穴追いを受けた。

2年前はワークショップに参加して
オットに、施術してもらった。

 アメブロ記事(2010年12月):
 効果テキメン「脂取り穴追い」


今回は西荻窪はぴねす奈美ちゃん
出張をお願いして、茶話会企画として。

  アメブロ記事:
  新春茶話会レポ☆いのちに触れて、触れられて
  新春茶話会レポ☆おんなは喋って元気になる!

アメブロの記事にも書いたのだけれど

マタニティ整体を得意とする
奈美ちゃんいわく

30~40代の子供を産んでいないひとの子宮は
さみしい感じのことが多いのだとか。

でも

わたしの子宮は、そうではなく。

脂らしい脂も、なく。

  (脂: 身体の深いところに残っている緊張)


奈美ちゃんのその言葉は

何年も何年も何年も
不妊と向き合って
身体を見直し
心を見直し
暮らしを変え
スピリチュアル視点も含め
ひたすら見直し
向き合ってきたわたしにとって

合格。

と言われたような
めちゃくちゃ嬉しい言葉だった。


そして
その4日後
新月の3日後
見事にリセットした。

一般的な排卵周期にのっとって逆算すると
タイミングはとれていたと思う。

早く妊娠したい気持ちは
いまも変わらず
よりいっそうクリアに
あるけれど

これだけ条件が整って
それでも妊娠しないのは
なんだか、もう、ほんとうに、お手上げ。

すがすがしく、降参。

自分を責めることも
他人や過去やカルマに原因を求めることも
もう、存分にやった。

すべては最善のプロセス。

いつか妊娠するにしろ、しないにしろ
「イマ」を受け入れ
たのしむ
それだけだ。


「母」という意識は
妊娠を自覚したら最後
無事に生まれるかどうか
無事に育つかどうかに関わらず
生が終わるまで、わたしに付随する。

妊娠がかなうまで
わたし単体の感覚や
オットとふたりきりの幸せを
もっと、享受しよう。

単体のしあわせ
1対1のしあわせ
もう十分あじわった!と思うけれど

まだまだ先は長い。
いつだって未来は未経験。
きっと、もっと、たのしめる。

骨盤とエクステ

シャワーあびて出たら
骨盤がおかしかった。

筋が違ったみたいな
変な強張りかた
ギックリ腰みたいな感じ

脚をふりまわしたり
ストレッチしたり
後ろ向きに歩いたりでほぐして
だいぶ元に戻った

思いあたるのは
市販シャンプーの試供品で
髪を洗ったこと

はじめてのエクステをつけて
1ヶ月ちょっとが経過
あみこんでいる毛は伸びて
だいぶすきまが出来てる

エクステをつけている毛束の部分だけ
頭皮も毛根もしょっちゅう
刺激されている状態だし

地毛が長いのと
なにかがついてるのでは
同じ重さでも引っ張られかたが違う

髪を洗う前後は特に
梳かしたりなんだりで
かなり髪を引っ張ってしまう

エクステの集中してる首に近いあたりの
エクステをつけている毛束ちかくの地肌は
数週間前から何カ所も
吹き出物みたいにふくらんでる。

オットはあいかわらず
他人の毛!と嫌ってるし
母親も、まだ外さないの?と繰り返すし
妹に見せるまで!も済んだし
そろそろ観念して、はずそうか。

今回の排卵には、なにか影響しただろうか。
前回はけっこう遅れた

人生は壮大な人体実験!

いろんな女の人(とは限らない?)との同居みたいで
面白い体験だったなあ。

これまでたびたび購入検討してた
コテアイロン買うきっかけにもなった。

はからずも
10年ぶりのスーパーロング
味わえてたのしかった。

お付き合いくださってありがとう!



ところで

現実世界はすべて
自分の観念がつくっている

という説と

時間は未来から流れてくる

という説と

この、骨盤とエクステの関係性

3つの整合性が
とれているようで
とれていないようで
たいへん曖昧で気になっている。

わたしにとって
どれも「真実」と感じられるし
矛盾でもないのだけれど

言葉にしようとすると
分からなくなる。

現時点でひとつ言えるとすれば

人体=集合無意識
人体=イマココ 
人体というルール(制約)を
あえてみずからに課して
わたしたちは生を選択している。

ということか。

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

カテゴリー

無料ブログはココログ

占い by いとうより