« 雪解け | トップページ | くるしみのたね »

ファザコン(父性への憧れ)

わたしが「くじら」を名乗ろうと思ったのは
上野の国立科学博物館のとなりの
実物大シロナガスクジラをみて
海のおおきさに感動したから。

人智をはるかに超えてどこまでも広くおおきな海の象徴。

そのクジラをみたとき、一緒にいたのは、父だった。
物心ついてから二人で出かけることなんて本当に珍しくて
なんでそんなところに、父と二人でいたのか
さっぱり覚えてないけれど

くじらの名には、父への忠誠や恋慕が含まれてたんだなあ。

おそらく、実際の父だけでなく、もっと大きな父性に対しても。
地球の記憶、叡智への、憧憬と心酔。


実際に父に対しては
かわいそうで
護るべきひとだと
ずっと思ってたみたい。

繊細で
やさしくて
純朴で
まじめで
世知辛い世の中を生きるのは
さぞかし大変だろうと
労をねぎらいたかった。
わかっていたかった。

その仕事は
もう、投げ出そう。

あとは、母がやるかもしれないし
妹がやるかもしれないし
父が自分でどうにかできるかもしれないし
まあ、知ったことではない。それでいい。


昨晩、オットに頼んで
くじらペンダントを割ってもらった。

Kujira

誰かにあげようかと思ったけど
なかに液体が入ってることだし
割ってみれば?という
オットの提案にのってみた。

まるいところが
割れるイメージをしてたのだけれど
頭が欠けただけ。
中身はブランデーのにおい。

お風呂にいれた。
下水を通って
海にかえるのだ。

約4年、ありがとう。


<過去記事>
2009年6月8日 くじらペンダント
2009年7月19日 ペンダント効果?


« 雪解け | トップページ | くるしみのたね »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21960/57428882

この記事へのトラックバック一覧です: ファザコン(父性への憧れ):

« 雪解け | トップページ | くるしみのたね »

カテゴリー

無料ブログはココログ

占い by いとうより