« 自由と責任 | トップページ | コミュニケーションの本質的な痛み »

嫌われるかも。笑われるかも。

こんなことしたら
笑われるかも

あんなこと言ったから
嫌われたかも

じつは、ほんとは、
嫌われてるのかも


しつこくしたら
思いやりがなかったら
嫌われる!

へんなことしたら
笑われる!


わたしを縛る鎖。


相手がもしほんとうに
わたしを嫌っているのだとしたら
わたしを笑いとばしたのなら

それは、相手が
「ゆるせない」ポイント
「常識外」としているポイントに
わたしが触れたからで

それを設定しているのは
相手自身で

そのことによって
居心地の悪さや
いきぐるしさを
感じるのも相手自身で


わたしが
このひとはわたしを嫌っているのだと
相手を仮定するということは

わたしは
相手は「くるしさ」を
潜在的に抱えていると
みなしているのと同じことで


嫌われているかも・・・

事実は、本人にしか
わからないのだから

それを確かめるチャンスが
ないのであれば

だったら

たまたま機嫌が悪かったのかな。とか
ただの勘違いかな。って

思いこむほうが

平和だなあ。

« 自由と責任 | トップページ | コミュニケーションの本質的な痛み »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21960/57623220

この記事へのトラックバック一覧です: 嫌われるかも。笑われるかも。:

« 自由と責任 | トップページ | コミュニケーションの本質的な痛み »

カテゴリー

無料ブログはココログ

占い by いとうより