« 成し遂げるための | トップページ | 酔いどれ覚醒 »

全力も、それなりも。

全力を尽くすことが
誠意だと思ってきた。

思いつくかぎりの
良いと思われるアイデアを
ぜんぶ実現しなくちゃ
ダメだと思ってた。

そうできないじぶんをゆるせなかったし
そうさせない環境に怒ってた。

だけど
そうできないじぶんのまま
ずるずる不承不承やってみたら
拍子抜けするくらい
心地よい場所ができた。
わたしの欲しかったものが、そこにあった。



いまできること。
いま、無理せずに
ちょっとがんばるくらいで、出来ることを
胸はってやれば、いいのだと思う。

力が入らないときは
力が入らないなりに。

それが、最善。だから、力が入らない。
それで、いいのだ。

「やれることはぜんぶやりました!」
この、「やれること」とは
○○だったら、やれること。ではなくて
いまのわたしが、やれること。

こんなもんでいいのか。。。
ちょっとさみしい感じもする。
ほんとのわたしはこんなもんじゃないし
もっともっと、すてきにできるのに!

そうやって
エネルギーが余ってるなら
ほかのことに使えばいいんだろうな。

全力投球したくても
できない
させてもらえない
身体がついてこない
そんなときは
そこにはそんなに力がいらないってこと。



逆に、生命力(衝動。魂の快楽)まかせにしたら
肉体が壊れるんじゃないか
動けなくなるんじゃないか
という、エゴの恐怖もある。

「肉体を思いやるあまり、無理できない」
「肉体のせいで、本気になれない」



そんなのはでも
余計なお世話で

生命力や
いのちのながれに
明け渡してしまえば

そんなもんでいいときは、そんなもんに
全力投球のときは、全力に
導かれるのだ。

なすがまま。。。

« 成し遂げるための | トップページ | 酔いどれ覚醒 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21960/60213190

この記事へのトラックバック一覧です: 全力も、それなりも。:

« 成し遂げるための | トップページ | 酔いどれ覚醒 »

カテゴリー

無料ブログはココログ

占い by いとうより