« 弱さをみとめる | トップページ | 満月ダイブ(OD的な飲酒について) »

ヒーリング考

そんなもんで癒されてなんかやらんわ!
という気持ちが、出てくることがある。

そんなもん(ツール、時間、料金、在りよう等)で
“ワタシ”を癒せると思うな!
思い上がりもたいがいにしろ!
という感じ。
(どっちが思い上がってるんだか…)

“ワタシ”は癒されたいわけではないが
理解されたいとは思っている。
そこに至るまでのこと
その痛み
それでもなお在り続けようとする、崇高な意思。

痛みを、痛みとして扱い
取り除こう(変化させよう)とする手法は
“ワタシ”を複雑化させることがあるように思う。
ガンが転移するかのように。

それもまた最善で、好み次第でもあって
どうしたいのか?なにか働きかけが欲しいのか?
それは“ワタシ”自身が知っている。

“ワタシ”が、わたしを導く。それぞれのペースで。
痛みを理由に、だれかと知り合うことが出来たりもする。
痛みを痛みとして扱うタイプの
ヒーリング手法を選ぶこともあるだろう。
つまり、否定したいわけではない。

ではなにが言いたいのか。

なんだろうなあ。

たぶん。まっしろを目指す傾向を、危惧している。
ちりひとつない状態や
ひとつも滞りのない状態を
「ほんとう」だと思っているなら
それは、違うよ。ということ。

わたしはたちはみないびつだ。
そして絶え間なく変わり続ける。

核にある不変のところは
純白ではなく、漆黒のカオス。
うごめいている。

不完全と、完全が、同意語なのだ。

« 弱さをみとめる | トップページ | 満月ダイブ(OD的な飲酒について) »

みえないもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21960/60269231

この記事へのトラックバック一覧です: ヒーリング考:

« 弱さをみとめる | トップページ | 満月ダイブ(OD的な飲酒について) »

カテゴリー

無料ブログはココログ

占い by いとうより