« 遅刻癖、その後 | トップページ | 「嫌い」は不自然 »

とじるちから

人のからだは
冬には閉じ傾向になり
春にはひらこうとする。

女性の骨盤は、毎月、開閉する。

朝と夜でも違うのだと思う。

閉じ傾向のときには
イライラしやすい。
ゆるみたいがゆえに
お菓子を食べ過ぎたりする。

温湿布でゆるめるのもいいけれど
いっそ、自分から閉じるといい。

閉じるのは孤独とセットなので
どうしてもめんどうに感じる。避けたがる。

でも、集中して入り込む時間は、じつは至福だ。

やりきったとき
ふっとひらく。

なにかがいっしょに抜ける。

息を吐ききったとき
自然に息を吸うように

閉じきるところまで
自発的にもっていくのだ。


-------------

アメブロに書いた内容と同じなのだけれど
mixiにメモしたらぜんぜん違うモードになったので
ここにも載せておきます。

« 遅刻癖、その後 | トップページ | 「嫌い」は不自然 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21960/60726331

この記事へのトラックバック一覧です: とじるちから:

« 遅刻癖、その後 | トップページ | 「嫌い」は不自然 »

カテゴリー

無料ブログはココログ

占い by いとうより