« わたしのなかの鬼子母神 | トップページ | 朔旦冬至によせて、その1 »

るノ湯

魂の浴場。

あの時間と空間を
思い出すたびに

ちからがみなぎる。

敵味方も
利害もない
他愛のないはなし

いきてきた証としての肉体

手の内も
腹の底も
ぜんぶ透けて見える

見せることより
見ることのほうがよっぽど怖い
そんな、幾多の記憶

すべてを溶かす湯気

すべてをつつむ音

今度こそ
成し遂げたいなって
思うけれど
もし出来なくてもまあいいか
たのしかった!
って笑えるように
そこだけは間違わないように
今度こそ

うん。出来るんだ。
あとはなぞっていくだけ。

いい湯だなー。

« わたしのなかの鬼子母神 | トップページ | 朔旦冬至によせて、その1 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21960/60829139

この記事へのトラックバック一覧です: るノ湯:

« わたしのなかの鬼子母神 | トップページ | 朔旦冬至によせて、その1 »

カテゴリー

無料ブログはココログ

占い by いとうより