« わたしという病 | トップページ | のめりこむ »

流れに思いを馳せることがもたらすちから

困窮するときは、つながりが乏しいとき。

だれかのために…という動機付けがあれば
思い切ったことができたりする。

流れ、循環に、思いを馳せることが、ちからをもたらす。

助ける、助けられる。与える、受け取る。
反対語は同義語になる。

Ayasofya 橋本和泉さんが
実際に体験されたこと、感じたことを書かれた記事シェア。

「与えるということ」
http://ameblo.jp/ayasofya-izumi/day-20131115.html

(抜粋引用)

私は、寄付をすることで彼らを救おうとしたのではなかった。
むしろ、彼らが私を救ってくれていると、そう感じた。
私にとって、自分の罪悪感を癒す方法は、
彼らの力を借りなければ出来なかったのである。
 
---
お金、時間、想い、そして愛、
自分が持っているもので、与えられるものは数多い。
与えても、自らはまた満たされると言う自分自身への信頼。
与えると言う事は、受け取るということへの許可。
 
---
お金はひとつのエネルギー的流れでもあり、
宇宙からの借り物の一つ。
私を通してそれに命を与えるもの。

(引用ここまで)
 
ともかく与えればいい、という話ではない。
いつでも誰でも寄付したら収入がやってくるわけではない。
どこに意識を向け、なにを求めて行動するか?
結果にはそれが如実にあらわれる。

その法則性にあらためて感じ入ると同時に
ああほんとうに、まだまだわたしケチってるなあ!としみじみ思う。
(ケチってる理由はすでに見当がついてる。)

与えるよろこび。
もっと追い求めていこうか。

« わたしという病 | トップページ | のめりこむ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21960/60992515

この記事へのトラックバック一覧です: 流れに思いを馳せることがもたらすちから:

« わたしという病 | トップページ | のめりこむ »

カテゴリー

無料ブログはココログ

占い by いとうより