« 済ませようとする | トップページ | はやく! »

厳しさという、弱さ。

友人・銀ちゃんこと雨縞 銀太龍氏
facebook投稿が素敵だったので
了承をもらって、以下にコピペしておく。



いろいろありすぎなんで一番俺にとって大事なことだけ書くけど。

昨日まで厳しさみたいなものを大事に持っていたんだけどさ、
それってなんかこー回りまわって自分の首絞めてるだけだってことが、
なんかすごくはっきりわかったよ。

なんとなく無意識のうちに、厳しく言う、きつく言うってことを、
なんか必要なことだと思ってきたんだけどさ。
それは単純に自分がそうされて痛かった傷について、
これはおまえのためなんだと正当化されたことを再演しているだけなのさ。

何かを伝えたい時でも、正直でいれば十分なの。
別に痛みを与えようなんて意図する必要はさらさらないわけ。
それをしたいときは要は自分が怒りや恐怖を感じているってだけ。
それに気づいたし、それをしたりされたりしたことも、もう赦せると思う。

で、それは人のために赦したほうがいいとかじゃなくてさ、
そのやり方・見方を維持してると、
うまくいくためには痛みが必要なんだって自分に対しても思えてしまう。
傷つくことの対価として何かが手に入るはずだと思ってしまう。
痛みなく何かを手に入れることが、ずるをしているような気がしてしまうわけ。

そんなん馬鹿馬鹿しいだろw
世界はもっともっとずっと、優しいんだからさ。


« 済ませようとする | トップページ | はやく! »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21960/61095024

この記事へのトラックバック一覧です: 厳しさという、弱さ。:

« 済ませようとする | トップページ | はやく! »

カテゴリー

無料ブログはココログ

占い by いとうより