« 風来房の休止に際して、雑感その1 | トップページ | 風来房の休止に際して、雑感その3 »

風来房の休止に際して、雑感その2

余白、ゆとり、遊び

それさえあれば

ネガティブ思考をひっくりかえせる。

身体の違和感に気が付ける。

詰め込むことに慣れ過ぎて

効率と合理性を重視する価値観にはまりすぎて

抜け出せないのならば

止めろと言っても、止まるものではないなら

いま夢中になってるおもちゃより

もっとたのしいおもちゃがあればいい。


これが、スペース風来房の根底にあったもの。


現状否定から始まっていることに気が付いたら

もう続けられない、続けるものではないと思った。

止めたあとなにをするのか

どうすればいいのか

さっぱり分からなくても

とにかく止めなくては。

止める。

そう決めたのが1月だったか。


風来房の活動を止めるということは

直截的な関与を止めるということ。


個人に、社会に、いま起きている

すべてが最善で

苦しそうで不本意な(そう見える)パターンが

保持されていることすら最善で

これらはすべて変わっていく途中であり

なにも働きかけなくとも

変わるべきときには変わるのだ。

やきもきしながら、見ている必要はない。


わたしがすべきは

わたし自身を平穏に

すこやかに

滞りなく、過ごさせること。


やきもきして楽しくないなら

それはわたしには向いていない、それだけのことだ。

他に担う人がいても、いなくても、

とにかく止めるのだ。


そして、心地よいもの

うつくしいものを

ひたすら自分に与えよう。

そんな時間と空間は、世の中にすでにあるのだから。

わたしが意識的に目的的に作らなくてもいい。

わたしはただ、そこへ行き、享受すればいい。


それがどのように、世界に響くのか

どう影響があらわれるのか

分からなくていいし

気が付かなくてもいい。

気を付けておかなくてもいい。


ただ、無心にあそんでいるだけで

あとはおまかせ。


« 風来房の休止に際して、雑感その1 | トップページ | 風来房の休止に際して、雑感その3 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21960/61310632

この記事へのトラックバック一覧です: 風来房の休止に際して、雑感その2:

« 風来房の休止に際して、雑感その1 | トップページ | 風来房の休止に際して、雑感その3 »

カテゴリー

無料ブログはココログ

占い by いとうより