« 「女性と自立」と役割 | トップページ | 一連の »

ババクサイ

ばばくさいなー

ださいなー

いもっぽいなー

って思う格好をしている女性をみると

もったいないなーと残念な気持ちになるのだけれど

キミが選ぶ服は、ババくさい。と、オットが言うので

それはつまりわたしがわたしに思っていることで

ぜんぶ鏡でしかないんだなあと思う。


この、ババクサイ趣味への

後ろめたさのような

決まりの悪さのようなもの

平均点を超えられないという思い込み

しょせん・・・どうせ・・・

だれに対しての引け目なんだか。


じぶんのダメなところも素晴らしいと言い切ればいい?


このババクサイ格好がいいんだよ。ってことにするか。

ババクサイけど、これが好き。

好きなものを着て、ご機嫌でいることに、勝ることはないわけで


そもそも、じぶんやだれかやなにかに

難癖つけたくなってるときや

なんとはなしに不安になるとき

元々の滞りは、そこではないような気がする。


「問題」に見えたことを「問題」扱いして

取り組んでしまうと泥沼だ。


なにかが「問題」に見えたというのは

体調と気分のペースが合ってないとか

その程度のことだろう。


だから、それについては気にせず流して

うまくいきそうなこと、たのしいと感じることをすればいいのだ。

« 「女性と自立」と役割 | トップページ | 一連の »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21960/61279889

この記事へのトラックバック一覧です: ババクサイ:

« 「女性と自立」と役割 | トップページ | 一連の »

カテゴリー

無料ブログはココログ

占い by いとうより