« 「わたし」を生きる | トップページ | ぶつかって、鳴る。 »

安心のその先にあるもの

昨日は、父とジャズライブへ。

即興ジャズ。

基本がしっかりあったうえでの余裕と本気
お互いに呼吸を感じ合いながら
展開していく音、リズム
音楽
音をたのしむ

ナマモノ。

その音と空間に絡みあいながら
描かれていく絵
ライブペインティング
音と絵のセッション

音に身を浸して
絵に現れてくる世界をみてたら
泣けてきた

音と絵が繰り広げられている
いまここにいること
父が隣にいること
オットが画家になったこと
ライブをたのしめる環境
いまここを成り立たせている
すべてがうれしくてうつくしくて

言葉や思考じゃなく
感情ですらなく
その奇跡的な瞬間に
響いて、ふるえて、涙がこぼれる


わたしはアーティストではなく
クレイジーなだけだ。と
オットと話したばかり

作品をつくらない、という点において
アーティストではないけれど
うたように、おどるように
生きるのが好きだ。

Let's get crazy

だいじょうぶ
だから
安心して
狂っていよう

そういう世界を生きていく


« 「わたし」を生きる | トップページ | ぶつかって、鳴る。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21960/61249803

この記事へのトラックバック一覧です: 安心のその先にあるもの:

« 「わたし」を生きる | トップページ | ぶつかって、鳴る。 »

カテゴリー

無料ブログはココログ

占い by いとうより