« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月の記事

禁じてきたこと

友人たちの投稿を読んでしみじみ
わたしたちは、
わたしは、
どれだけ、「続けること」「あきらめないこと」を
じぶんに禁じてきたのだろうと思う。

無駄にみえること

お金にならないこと

経験しても意味がないようにおもうこと

役に立たないもの

いつか終わりがくるもの

すぐには結果がでないもの

評価されにくいこと

自分以外に好んだり必要としたりするひとは
いないんじゃないかと思われるもの

そうした物事に
時間やお金や気力体力やエネルギーを注ぎ
あまつさえ人を巻き込むことなど
深く深く禁じてきた。

それはきっと
解き放つそのときのために。

いまこのときのために。

感覚、考察&対策シェア

地震予知のあった頃(4/12)から
大地のエナジーが解き放たれ
増しているのだと思われる。

大地からのスパイラルエナジーが
地震としてではなく、
個々人をパイプに放たれている感じ。


軸=本質的なじぶんを意識すると
揺れても酔わない。
揺さぶられ、誤魔化しが剥がれ落ちる、ままに。


めまい、熱や風邪症状のひとたちや
スマホがオシャカになったりしてるひとは
それに適応するプロセスなのでは。
バージョンアップ☆

春はもともとふんわりぼんやりする季節だけど
今年はさらに強制的にぼーっとさせられる。

意識的に呼吸をして
からだのすみずみまで意識を這わせて
ゆっくり、ぼんやりで♪
そのうち慣れる!


みずからバージョンアップしちゃうと
慣れやすい気がする。

服や持ち物や家具、食べるものを変える。
意識的に選び直す。

選択基準は、金額や質ではなく
ピンとくるかどうか!
いままでは諸事情で選ばなかったものにトライ!

いますぐ変えられなくても
ここは変える!と決めたら大丈夫。


股関節ゆるめるのも効果的っぽい。とおもったら、
このRTを見かけた。自分の経験的にも納得。


バタフライ体操、簡単でいい。
あぐらかいて、両足裏をあわせて、
手で押さえて、膝をぱたぱた上下させる。

股関節を意識しながら大股歩きも良いと思う。


(2015.4.23 Twitter&FBに追記)

じぶん純度

純度の高さ。
これがわたしの持ち味なんだと、
やっとわかってきた。

指摘されても、
いいねえって言われても、
よくわかんなかったし、
認めづらかったんだ。

これは、先祖代々の化学反応の末に
もたらされた質であり、
磨き続けるものでもある。

だからわたしは
葛藤を持ち続けるのがライフワーク。


純粋か不純かの基準は
わたしの感覚でしかない。

こだわることで、だれにもなににも
メリットはないかもしれない。

なあなあでやり過ごせたらそりゃいいだろう。
でもできないし、やらない。
マニアックにいく。たのしいから。


純度にこだわらずにいられない性分、
ばかみたいにこだわって過ごすことに
腰を落ち着けたら、

純度への感覚が高まって、こだわるぞ!
というひとが、ちらほら見えてきた。

世界は連動する。
わたしが見ているんだからそりゃそうだ。


(2015.4.23 Twitterより)

直繋ぎ/耽溺

不安や恐れの気持ちはなくならないしなくさなくて良い。
それを抱えたまま進めるちからが自分の内にある。
そのちからとつながるのが大事。

痛み回避のために出来た遠回り回路を使わない。
直につながり、それを選ぶことを繰り返したら
遠回り回路はだんだん消えていく。
posted at 11:20:02

遠慮なく自分を表す。自分でいる。自分をゆるし、信じる。
posted at 11:23:48

遠隔おはなし愉氣を受けてくれた方からのメールにおどろく。
ほんとにそんなことになるんだね?伝播するんだね?!なんてこった!!!
相手の方のチカラだなあ。
そして、それを起こることをわたしは、わたしの世界にゆるしたんだなあ!
posted at 16:11:24

こんなにも誰彼構わず子どもみたいに大好きになるだなんて、
気づかないほうが生きやすかったかもしれない…
いちいち犬のように飛びつきたくなる!
でも、断然、たのしくなった。
そしたら、いつか終わることが惜しくてたまらなくなるから、
それも嫌だったんだけど…相殺しても、今のがいい。
posted at 16:15:02

大好きで、大切で、すべてを好きでいたくて、だから真剣で。
というわたしの性質は
ウザくて、ダサくて、めんどくさいもの。
だと認識していて
だから、ほどほどを心がけてきたのに。あーあ。
posted at 16:20:20

大事だと感じるものを、手抜かりなく、とことん大事にする。
それ以上に人生において大切なことはないし、面白いこともないと思う。
しかし、人間ぜんぶ、万物すべて、
大事に思う可能性がある。となるとだね、エライコッチャです。
posted at 16:22:59

あまやかな気持ちに、好きなだけ浸ること。
繰り返し味わうこと。
それを自分にゆるせるようになってきた。
そんなことしてたら他になにも出来ないじゃないか!
もっと面白いもの見落とすかも!
欲張りゆえに、セーブしてたのだ。
でも、これ以上にやりたいことは、きっとないんだ。
観念しつつある。
posted at 17:27:08

耽溺。ってこういうのを言うのだなー。
posted at 17:30:07

依存をおそれていた気もする。
なんども繰り返しジェットコースターに乗るように、
次々求めてきりがないかも、求めて手に入らなくて苦しいかも、とか。
案ずるより産むが易しだねえ。
そんなことはなかった。
わたしはほんっと飽きないのだ。
5年前にもらった言葉を、いまも、気持ちあらたに、味わえる。
posted at 17:33:41


(2015.4.22 Twitterよりコピペ編集)

白紙を狙う

潜在数秘術講師しっしーのブログ記事

【大ざっぱなイラスト解説!その反応も感動のひとつの表現である!】
http://ameblo.jp/shissy33/entry-12016875002.html

これを読んで

わたしはどうも、他人にとって
白紙的な存在であることが多いなあ。と思った。

びっくりされる
珍しがられる
目から鱗が落ちたと言われる

それは、わたしが、白紙を狙っているからだ。
無意識に、しかし確信的に。

ソウルナンバー1に現れている気質。
マヤ暦の太陽の紋章にも通じる。
未踏の地を、踏みたいのだ。

だれも踏んでいない新雪をみたら、踏まずにいられない。

そしてひとり満足感に酔いしれる。
足跡を残したからではない。
踏んだぜ!
I did it! 
という気持ちが
いちばんのごちそう。


この記事を読んで
こんな風に
じぶんに紐づけて
考えてしまう時点で
かなりの、自己中心ワールドだ。

しっしーの記事にある
パターンでいえば
2に近いのかな。

この記事の内容が
わたしにとって「白紙」にあたるものであり
それに対して
じぶんの持っている情報を紐づける。


わたしが白紙を狙うのは
わたしのためでしかない。

どれだけ自分本位なのだろう。

もっと自分本位になろうと
思っていたけれど
とっくにそうでした(笑)


以下、記事より引用
---

潜在数秘術でも、RYCでも
潜在意識には過去の記憶を書き込む辞書(ノート)がある。
と、定義しています。

そこに五感で受け取ったものや、記憶、解釈を書き込んで
その辞書(ノート)によって判断して行動して結果を得る。

じゃあ、白紙のページに出逢う事は(過去の記憶で判断できない事)ないの?
おとなになったら手遅れなの???
書き込みされているページしかないの?

「いや、白紙のページに出逢う事はありますよ
その時は人は・・・・・・・・」

---
続きは解説イラスト付きブログ記事でどうぞ!
http://ameblo.jp/shissy33/entry-12016875002.html

チャリティを謳う理由、それを解析する理由

愉氣にたいしての料金を、
自分のためでは貰うことが出来ないのは、
わたしのキャパが小さいからなんだろうと思う。

愉氣のあいだに起きていること、
もたらされる感覚がすごすぎて、
圧倒的にきれいで膨大で満たされてきってしまって、
とてもじゃないけど、受け取るための空き容量がないのだ。


ふつうにお茶しよう、どっか行こうとか、
たまたま居合わせた友人だとかに、
事の流れで、愉氣させてもらうのは、
ほんとうにまったく料金が発生する余地がないのだけれど。

愉氣いりますかー?っとアナウンスしてやる場合には、
そうはいかないのだ。感覚的に。


チャリティ扱いだとしても一時的にわたしが預り、
わたしの一存でどこかへおくる以上は、
自分のためにもらっているようなものなので詭弁ぽいが…
流れる先を決めてあるのが大事なのだ。
そうでないと扱いに困るのだ。


組織に属していれば、
いただいた料金はいちど組織に入り、
そこから給与というかたちでまわってくる。

わたしが属しているのは宇宙なので(笑)
宇宙に入れる方策としての、チャリティ形式なのだな。


なにをこんなにいっしょうけんめい言葉にしているのか。
すればするほど言い訳のような、きれいごとのような、
特殊性をアピールしているかのような、
ともかく回りくどい感じがしてくるんだけど。
我ながらめんどくさいと思うんだけど。

そこはもうあきらめるしかない。
病的に潔癖なんだと思う。


じぶんがなぜそうするのか、わからないのは嫌なのだ。
屁理屈でも根拠なくても思い込みでもいいから、
そういうことか。と思えるところまで言葉にしておきたい。

(そうやって言葉にしておかないと嫌で、
わからないままなのが嫌なのは、怖がりだからだろう。
わたしは安心していたい。なんとしても。)


2015.4.21 Twitter より


« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

カテゴリー

無料ブログはココログ

占い by いとうより