« 禁じてきたこと | トップページ | しょんぼり。のち »

分水嶺/果報は寝て待て

このGWは、根源的な断絶と疎外感、
そこからくる被害者意識が
フィーチャーされている模様。
よりクリアな自己肯定に立つための土台整備。

わたしはこの風向きには
影響を受けにくいつくりなのか、
波立ってる感じはない。

影響を受けない定義に
いつの間にか、なってたのかもしれないし、
影響に気がついていないだけかもしれないが、
わざわざ掘ろうとも思わない。

なんかしらんけど気分が落ちてたり、
ふさぎこんだり、イライラしたり、
事がうまく運ばないひとは、
ただただ、やり過ごしていればいいと思う。

ここをクリアにする役割のひとたちが
各々の配置についている。
わたしの知る範囲でも、複数同時進行。

だから、大舟に乗った気分で、
新緑を眺め、うとうと眠り、
他愛ない話をして、じぶんと共に在ればいい。
動かしたくとも動かないときは動かなくて良いのだ。

この世の中にはやるべきこともなすべきこともなく
それでも誰かがうっかりなにかをする。
その奇跡的な配置!
複雑に噛み合う歯車、動くべきは動き、止まるべきは止まり
ヒトにとってはまるで不可抗力のよう。
おおきなおおきな意図をはらんで、
軋みながら粛々と変わっていく。
もっとうつくしいあしたが見えるよう、まわる万華鏡。

いま、何度目かの、分水嶺。

生きやすいように
苦しくないように
じぶんに都合のいいように
じぶんのなかの前提、定義を変えてしまえばいいと
どんなに分かっていても出来ないときはある。

なにかの拍子に、出来るようになる。
それは、痛みを直視するワークでなくても
辛い身体症状でなくても良い。

どうしても信じられず
どうしても疑いが消えず
どうしてもどうしてもそう思えなかったのに
そうなのかも…と思わされる現実が
やってくるときだってあるのだ。
なんどもなんども。
どんなに疑っていようとも。

意識のもちようで現実の見え方は変わる。
ならば意識を変えればいい。
簡単な話だけれど
簡単にいくとは限らず
意識を変えたつもりがなくても
現実がかってに変わることもある。

あたらしい定義のエネルギーが一定量を超えれば
それに便乗することができたりもする。

いま動けないひとは
今回は動く役割ではない
それだけのこと。
果報は寝て待て。

そう遠くないうちに
いまの状態を懐かしむ日がくるよ。



そうは言っても落ち着かないならば
junちゃんの心体軽楽、お試しあれ。
メールやりとりだけで、心身エナジー整えてくれます。
15分通話つきバージョンは本日限定。
http://ameblo.jp/avrilkawaii/entry-12021502055.html


« 禁じてきたこと | トップページ | しょんぼり。のち »

みえないもの」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21960/61526805

この記事へのトラックバック一覧です: 分水嶺/果報は寝て待て:

« 禁じてきたこと | トップページ | しょんぼり。のち »

カテゴリー

無料ブログはココログ

占い by いとうより