« うつくしさを | トップページ | 空飛ぶ靴と風船の束 »

わたしの担当

整体は
整体師へ

愉氣は
日々つかっているひとへ

ストイックな取り組み
シリアスな切り口も
それを好んでいるひとへ


わたしはどんどん
変わっていっていい

調子に乗って
飽きっぽさにまかせ
がんがん切り拓く

あたらしく思いついたものに飛びつき
新鮮味がなくなったらやめる
がんがん捨てていく


ゆき整体は
「説明しなくても興味をもってもらえる」
「老若男女にハードルが低い」
そんな「問題」を前にみつけた抜け道だった

それらが問題でなくなっているのだから
もう、それでなくてもいい。
バーズも見つけたし。

ゆき整体、と言い始めたときからずっと
どこかでひっかかっていた。

整体、という言葉
そこに集められてきた熱意に対して
不遜じゃないだろうか。

そんな利用のしかたは
失礼じゃないだろうか。

それくらいで揺らぐほど
肝の小さい言葉ではないのは
わかっているけれども。


こんどはバーズを利用する。
やどかりみたいだなあ。

掛け合わせて
あたらしいものをつくる。

おいしいとこどり?
鍛錬が必要?


バーズを始めようとして
止められている彼女や

じぶんのやっていることに
確信をもてない彼女と

同じテーマなんだなあこれ。


冥王星と天王星ガチンコの後始末。


あかるく、かるいものが好きだ
うっかり、ひょい、と手を出せるものがいい

それを、ストイックに追い求めている

だいじょうぶ。を伝えることも
カウンセラーに任せてしまおう。
未来は明るいと、説くことも、もう要らない。

それは大前提。
当たり前のこととして
織り込み済みで話す。

わたしは
たのしいことや
おもしろいこと
あかるくかろやかなこと
その感触を渡していく。

JOY

それだけが
わたしの担当。

Lちゃんがあの日もっていた
唯一のアロマオイル。


バーズをやるたび
わたしは
わたしを
手放していく

やりたがりで
マルチでいたがる
わたしが抱えてきたものを解き放つ


誰かがやれることは
わたしはやらない。

それはわたしがやりたいことじゃない。

ただの負けず嫌いでも、それでいい。

« うつくしさを | トップページ | 空飛ぶ靴と風船の束 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21960/61670090

この記事へのトラックバック一覧です: わたしの担当:

« うつくしさを | トップページ | 空飛ぶ靴と風船の束 »

カテゴリー

無料ブログはココログ

占い by いとうより