« 怖くなくなった。 | トップページ | 感覚を認める »

オトコという性

あのひとたちは
かってにひとりで背負って
ヒーロー気分に酔いしれて
「おまえのため」とか言って
つぶれそうになって挙句
ぜんぶ投げ出そうとする。
切り捨てようとする。

それを止めるのがオンナの仕事。
100点じゃなくても
乗り越えるほうが大事だって。
いのちをつなぐほうが、有効な手段だって。

つなぎさえすれば
なんとでもなるから。

いまのじぶんができないなら
未来のじぶんが
それもダメなら
次の世代が
やるんだよ。

それはつまり
現時点のじぶんの
至らなさを認めるってこと。

かっこわるくて
痛すぎて
ぜんぶ投げ出す覚悟まで
追い詰まらないと
妥協案を選ぶことができない。

至らなくても
それでも
抱えていたいものを
抱えていくことを
じぶんにゆるすこと。


外側(他人)パートナーシップの話であり
自分内部の話でもある。


安倍さんをはじめ
政治家のみなさんの
奥様たちが
真心をもって
彼らをビンタしてくれることを願う。

遠回りはもう、やめようよ。
いっしょなら、きっと、できるから。

« 怖くなくなった。 | トップページ | 感覚を認める »

ラフ・スケッチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21960/61895350

この記事へのトラックバック一覧です: オトコという性:

« 怖くなくなった。 | トップページ | 感覚を認める »

カテゴリー

無料ブログはココログ

占い by いとうより